宮崎県立宮崎病院

腎臓内科の紹介

腎臓内科の紹介

 腎臓内科では、主に腎疾患(腎炎・ネフローゼ症候群、急性/慢性腎不全)、電解質異常、体液管理を要する多臓器不全などを中心に入院治療および外来管理をおこなっています。

  1. 腎炎に関しては、年間50人前後の腎生検を行い確定診断・治療をおこなっています。また最近ではCKD(慢性腎臓病)患者さんについて、県内一円の開業医の皆さんとも連携をとって、内服指導から食事指導にいたるまで指導をさせていただいています。
  2. 腎不全に関しては、血液透析(透析導入、合併症の管理)、腹膜透析、血液浄化療法 (持続血液濾過透析、血漿吸着、血漿交換)、腎移植関連などを行っております。
  3. 電解質異常・体液管理に関しては、症例検討を行いながら各科と連携を行っています。

 腎グループのスタッフは3名で循環器内科、一般内科や、腎移植外科を含む一般外科、心臓血管外科、泌尿器科、整形外科、脳外科、精神科などと連係しながら検査・治療を行っています。

 腎疾患の診療は、スタッフ3名とスタッフの指導のもとに内科研修医が担当します。また透析・血液浄化治療は泌尿器科医師、臨床工学技士とともに治療を行っています。

診療実績・研究実績

1) 学会活動:(平成23年~24年度に報告した主要学会名)

  • 日本内科学会総会
  • 日本腎臓学会総会
  • 日本透析医学会総会
  • 高血圧学会総会
  • 日本アフェレシス学会総会
  • 西部腎学会
  • 日本内科学会九州地方会
  • 九州人工透析研究会
  • ISN(International Society of Nephrology)
  • ASN(American Society of Nephrology)

2) 腎臓グループの研究テーマ

  • 宮崎県におけるANCA関連血管炎の疫学、病態、予後など
  • 宮崎県における透析患者の脳血管障害、術後管理について
  • 高齢者の腎生検、ネフローゼ症候群の診断・治療
  • 進行性のIgA腎症およびANCA関連腎炎治療におけるミゾリビンの位置づけ
  • 各疾患(AKI、MODS、膠原病、難治性ネフローゼ症候群)に対する急性血液浄化療法

3) その他(研修医の先生方へ)

 当院は腎臓部門・透析部門・高血圧部門のいずれも研修指定施設となっております。
 県内一円からさまざまな患者さんを紹介いただき、都会に負けない医療レベルと、そして“県民を守る”という情熱をもった医師、看護師、臨床工学技士がそろっています。
 初期研修から後期研修では基礎的な技術獲得、シャント手術、腎生検、電解質異常の管理などをまなぶことができ、各種の地方会~総会までの報告が可能です。
 後期研修からレジデントでは、専門技術の経験のみならず、自分の得意分野を生かした臨床研究を大学病院などと連携して行うことが可能です。
 仲間と学びながら社会貢献をおこなえることをここで体験してください。

医療はアートであり、取引ではない、使命であって商売ではない。
その使命を全うする中で、あなたはその心を頭と同じくらい使うことになる
William Oslerの言葉より
お問い合わせ:電話0985-24-4181
外来診療時間一覧
病院へのアクセス
病院情報の公表
  • がん治療センター
  • 精神医療センター
  • 救急・総合診療センター
  • 県立宮崎病院動画
このページの先頭へ