宮崎県立宮崎病院

循環器内科の紹介

循環器内科の紹介


循環器内科
福永 隆司

 当科はスタッフ4名(うち1名は地域医療科兼務)、臨床研修医1~2名で診療を行っています。
 循環器センターは全44床、うち28床が循環器内科病床で、心臓血管外科をはじめ、各科との連携の上、治療を実施しています。

診療内容

 専門、診療領域は、狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈、肺塞栓症、深部静脈血栓症、閉塞性動脈硬化症などの循環器疾患の診療です。また高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、痛風、高尿酸血症などの生活習慣病の改善指導を行っています。

 検査としては、心電図検査、運動負荷心電図検査、24時間ホルター心電図検査、経胸壁、経食道心エコー検査、脈波検査、心臓核医学検査、心臓カテーテル検査、電気生理学検査などを実施しています。

 治療につきましては、急性心不全に対する保存的加療もそうですが、重症心不全例や難治性心室細動の症例に対してIABP、PCPS、CHDFを用いた集学的治療、狭心症、心筋梗塞に対し、経皮的冠動脈形成術・ステント治療(PCI)を行っています。また、総合病院として他科の専門領域の医師と連携した、総合的治療が出来ることも当科の特色です。救命救急科と連携した心肺停止蘇生後に対する低体温療法を併用した治療や、腎臓内科医と連携した透析症例に対する積極的加療が出来る事も総合病院としての強みでもあります。また、以前から徐脈性不整脈に対する恒久的ペースメーカー移植術を行ってまいりましたが、平成27年6月から不整脈専門医の常勤医師も赴任し、電気生理学検査、カテーテルアブレーション治療も積極的に行っています。平成28年6月1日から埋込型除細動器(ICD)、CRTの埋込施設にも認定され、今後も不整脈に対する治療件数は増加することが予想されます。また、当院では心臓血管外科術後やカテーテル治療後に心臓リハビリテーション、生活指導を実施しています。また深部静脈血栓症、肺塞栓症に対し、血栓溶解療法、下大静脈フィルター留置術を実施しています。下大静脈フィルター術に関しては、可能な限り回収をするように努めております。

診療実績

平成27年4月1日~平成28年3月31日

  • 心臓カテーテル検査 332件
  • 経皮的冠動脈インターベンション術(PCI) 113件
    (うちAMI等の急性冠症候群) 53件
  • 恒久的ペースメーカー移植術 33件
  • ペースメーカー交換術 11件
  • 埋込型心電計移植術 2件
  • 経皮的カテーテル心筋焼灼術(アブレーション) 9件
  • 電気生理学検査(EPS) 33件
  • 大動脈バルーンパンピング法(IABP) 33件
  • 経皮的心肺補助法(PCPS) 6件
  • 下大静脈フィルター留置術 6件
  • 経胸壁心臓超音波検査 2891件
  • 負荷心臓超音波検査 4件
  • 経食道心臓超音波検査 41件
  • 血管超音波検査 106件
  • 運動負荷心電図検査 408件
    (うちトレッドミル運動負荷試験) 197件
  • Holter 心電図検査 197件
  • 心筋シンチグラフィー検査 57件
お問い合わせ:電話0985-24-4181
外来診療時間一覧
病院へのアクセス
病院情報の公表
  • がん治療センター
  • 精神医療センター
  • 救急・総合診療センター
  • 県立宮崎病院動画
このページの先頭へ