宮崎県立宮崎病院

血液科の紹介

血液科の紹介


血液科
山下 清

 血液内科は、スタッフ3名+研修医1~2名で、診療を行っています。対象疾患は、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの造血器悪性腫瘍、再生不良性貧血など各種貧血や、また血小板減少性紫斑病などの血小板・凝固異常などになります。

  外来診療は、毎週火、水、木曜日に新患外来を行い、再来は毎日行っています。

  病棟では8階にある「がん治療センター」の一部として、血液悪性腫瘍に対して抗がん剤による化学療法および造血幹細胞移植などを行っています。

  急性白血病は年間30例ほど、悪性リンパ腫は120例ほど治療を行っています。また九州に特徴的な成人T細胞性白血病・リンパ腫に対する治療も行っております。同種骨髄移植は年間3~5例ほど行い、県内では唯一 骨髄バンク、臍帯血バンクからの移植が行える施設となっています。

  化学療法も入院で行う場合もありますが、最近は増床された外来化学療法室を使ってQOLを維持しながらの外来治療も増えてきています。

  今後とも県民の皆様へのご期待に添えますよう、スタッフ一同研鑽を重ねて診療を行って参ります。

お問い合わせ:電話0985-24-4181
外来診療時間一覧
病院へのアクセス
病院情報の公表
  • がん治療センター
  • 精神医療センター
  • 救急・総合診療センター
  • 県立宮崎病院動画
このページの先頭へ