宮崎県立宮崎病院

お知らせ

研修医2年目の押方真先生が第317回内科学会九州地方会で、初期研修医奨励賞を受賞しました!

更新日:2017年7月31日

 平成29年5月20日(土)に沖縄県医師会館で開催された第317回内科学会九州地方会(日本内科学会九州支部主催)で、研修医2年目の押方真先生が「特異な左心耳形態と心房細動により全身性多発塞栓症を来した難治性左心耳血栓の1例」を発表し、見事初期研修医奨励賞を受賞しました。おめでとうございます!

 この賞は、筆頭演者として発表される初期研修医(研修医1-2年目)の先生が対象となっていて、事前の抄録審査と学会当日の発表内容、質疑応答などを含めて総合的に判断・選定されます。

 今回の受賞は、指導医の先生方の指導力と、押方先生の努力の賜物だと思います。

 今後ますますのご活躍を期待しています!

記事一覧

宮崎県立病院群卒後臨床研修(フェニックスプログラム)
このページの先頭へ