宮崎県立宮崎病院

外科

外科

1. 概要

 任期は1年毎に更新し計3年間とし、一般・消化器外科、呼吸器外科、内分泌外科、小児外科、救命・救急外科、心臓血管外科をロ-テ-ションする。外科関連学会、研究会で症例発表を行う。全国有名雑誌に論文提出する。外科各分野の疾患の病態と標準的治療法を理解する。基本的手術手技と術前・術後管理法を修得する。日本外科学会認定専門医の受験資格に必要な修練期間(5年)と修練カリキュラムを満たすことを目標とする。

2. 指導体制

 基本的にマンツ-マン形式とし、外科学会認定専門医または指導医が直接指導を行う。新卒後臨床研修医も含めた3人一組の主治医体制のもとにチ-ム医療を行う。

3. 到達目標

3年次

 心肺蘇生術、IVHカテ-テル挿入、胸腔ドレ-ン挿入、腹水穿刺、Ileus tube挿入、NG tube挿入、膀胱留置カテ-テル挿入、体表部小縫合・切開ドレナ-ジ、鼠径ヘルニア根治術、虫垂切除術、痔核切除術などの術者になる。超音波検査、呼吸器管理、術前・術後輸液管理を行う。

4年次

 上記に加えて開腹・開胸術、胆嚢摘出術、小腸・大腸部分切除術、甲状腺切除術、乳腺切除術、肺部分切除術、PTCD, PTGBD, PTAD,などの術者になる。

5年次

 上記に加えて総胆管切開術、腹腔鏡下胆嚢摘出術、胆管・空腸吻合術、胃部分切除術、右・左半結腸切除術、肺葉切除術などの術者になるほかに、胃カメラ・大腸カメラ・上部・下部消化管造影(放射線科で指導)を行う。

宮崎県立病院群卒後臨床研修(フェニックスプログラム)
このページの先頭へ