宮崎県立宮崎病院

放射線科

放射線科

1. 放射線科専門医修練施設

当院は、日本医学放射線学会放射線科専門医制度による放射線科専門医修練施設として認定されている。

2. 放射線科専門医資格

放射線科専門医資格は、放射線科診療全般(診断、核医学、治療)を対象とした一次試験と、診断、核医学、あるいは治療のどちらかの専門を選択した二次試験を合格後取得できる。

受験資格

一次試験 臨床研修終了後、修練施設で3年間の研修。そのうち放射線科学会正会員として放射線学会認定修練機関での研修2年終了後。
二次試験 一次試験合格後、診断、核医学あるいは治療のどちらかの専門分野について学会認定修練期間での2年間の研修後。

3. 研修指導体制

研修責任者 山田 浩己
(日本放射線学会専門医、日本消化器内視鏡学会指導医、 日本消化器病学会認定医、日本消化器検診学会認定医)
指導医 松岡 勇ニ郎
(第一種放射線取扱主任者、日本放射線学会専門医、検診マンモグラフィ読影認定医、日本医師会認定産業医、死体解剖資格認定)
藤本 正樹 (日本放射線学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医)
村中 貴浩 (日本放射線学会専門医)ほか3名
  • 各指導医が諸検査および治療の実施を原則として1対1で指導する。
  • 所見の診断ならびにレポートの作成を指導する。
  • 各科とのカンファレンスにて手術所見と対比して、術前の各種検査レポートを振り返って再検討する。

各科とのカンファレンスのスケジュールは下記の通り。

カンファレンススケジュール

月: 院内レクチャー 17:30~18:30
火: 抄読会
外科カンファ
8:00~8:30
17:30~19:00
水: 整形外科カンファ
脳神経カンファ
8:00~8:30
17:00~17:30
木: 耳鼻科カンファ
婦人科カンファ
泌尿器カンファ
16:00~16:30
16:30~17:00
17:00~17:30
金: 内視鏡カンファ 8:00~8:30

4. 研修スケジュール

すべての検査、治療が併行して施行されているため、以下に各検査の一週間の件数を示す。
各レジデントは予定表に基づき、指導医のもと、研修を受ける。

一週間の検査件数

(1) 消化管造影検査 10件程度
(2) 消化管内視鏡検査 45件程度
(3) CT検査 150件程度
(4) MRI検査 60件程度
(5) RI検査 15件程度
(6) 血管造影検査 3件程度
(7) 放射線治療計画 5件程度

5. 研修目標

  • 一年次、二年次は指導医のもと診療が行えるようになること。
  • 三年次は適切な画像診断、治療が独立して行えること。

一年次

  1. 一般X線検査(胸腹部単純X線検査、骨単純X線検査など)
  2. 消化管造影検査(上部消化管造影検査、小腸、大腸造影検査など)
  3. 消化管内視鏡検査(上部消化管内視鏡検査、大腸内視鏡検査など)
  4. CT検査、MRI検査、RI検査

二年次

  1. 血管造影検査
  2. 放射線治療(悪性治療に対する各治療法のうち、放射線治療の果たす役割、適応と限界を知り、治療計画をたて、治療ができる。照射中、照射後の患者の指導ができる。)

三年次

  1. Vascular IVR(血管塞栓術、血管拡張術、リザーバー留置術、IVH ポート留置など)
  2. Non vascular IVR(内視鏡的粘膜切除術、内視鏡的消化管止血術など)
  3. 研究、学会発表、論文作成

6. 医療設備

CT装置 GE社製Lightspeed Ultra16、GE社製High speed advantage RP
MRI装置 GE社製SIGNA Twin Speed 1.5T
血管造影装置 日立社製DFA-100
X線TV透視装置 東芝社製Ultimax、東芝社製Winscope
治療装置 三菱電機 ライナックEXL-15DP、2機
ラルス装置 Nucletron マイクロセレクトロンHDR
内視鏡装置 電子内視鏡CV240system (上部消化管拡大内視鏡GIF-Q240Z、下部消化管拡大内視鏡H260-AZI)

 

宮崎県立病院群卒後臨床研修(フェニックスプログラム)
このページの先頭へ