宮崎県立宮崎病院

小児科

小児科

1. 研修目的

小児の特殊性を理解し、小児の保健医療(Primary health careとPrimary medical care)を扱う医師として必要な基本的知識、技能、態度を習得する。

2. 研修到達目標

  1. 問診およびカルテ記載の仕方の習得
    主訴、現病歴、既往歴、家族歴などを系統的かつ速やかにとり、記録できる。
  2. 小児の基本的身体診察法の習得
    視診、聴診、触診、打診による診察の仕方、神経学的所見の取り方を習得する。
  3. 小児における臨床検査の実施と判読理解
    検尿、末梢血液検査、血液生化学検査、便検査、穿刺液検査(髄液、胸水)、血液ガス分析検査、骨髄検査、単純X線検査、超音波検査(心臓、腹部)、CTscanおよびMRI検査
  4. 小児の成長、発達の理解
    未熟児・新生児医療、発達外来を通して小児成育医療を理解する。 また、母子手帳を理解し活用できるようにする。
  5. 小児の主な疾患についての病態生理、臨床症状、検査所見、治療法などについての理解問診、身体所見、検査所見より診断し、問題点をあげ、治療計画をたてることができるよう習得する。
    1. 小児急性感染症
      1. 呼吸器感染症: 上気道炎、気管支炎、肺炎など
      2. 消化器感染症: 感染性胃腸炎など
      3. 尿路感染症
      4. 中耳炎
      5. 中枢神経感染症: 髄膜炎、脳炎など
      6. ウイルス感染症: 麻疹、流行性耳下腺炎、水痘、インフルエンザなど
      7. 細菌感染症: A群連鎖球菌感染症、ブドウ球菌感染症など
    2. 小児の脱水症についての理解と輸液管理の習得
    3. 小児けいれん性疾患
      熱性けいれん、無熱性けいれんの初期治療および抗けいれん剤の使い方を習得する。
    4. 小児喘息
      喘息の重症度に応じた治療法、生活管理法を習得する。
    5. その他
      1. 先天性心疾患
      2. 先天異常および染色体異常
      3. 血液、腫瘍:貧血、白血病、悪性リンパ腫、出血性疾患など
      4. 腎疾患:溶連菌感染後急性糸球体腎炎、慢性腎炎、紫斑病性腎炎、ネフローゼ症候群など
      5. 免疫、アレルギー性疾患:川崎病、若年性関節リュウマチ、SLEなど
      6. 内分泌、代謝性疾患:下垂体疾患、甲状腺疾患、糖尿病など
  6. 小児救急医療についての理解
    バイタルサインの把握、重症度および緊急度の把握、一次救命処置(BLS:Basic Life Support)、二次救命処置(ACLS:Advanced cardiovascular Life Support)を理解し習得する。また、アナフイラキシーショック、異物誤飲・誤燕の対処の仕方についても習得する。
  7. 予防接種についての理解
    予防接種の重要性を理解し、その種類、接種間隔、接種方法などを習得する。

3. 指導体制

指導医とのマンツーマン方式を原則とする。

4. 取得できる専門医など

日本小児科学会専門医制度研修施設および日本周産期・新生児医学会専門医制度暫定研修施設であり、専門医資格取得の研修の一環となる。

宮崎県立病院群卒後臨床研修(フェニックスプログラム)
このページの先頭へ