宮崎県立宮崎病院

整形外科

整形外科

1. 一般教育目標

整形外科に必要な下記の基本的知識習得を目標とする。

  1. 打撲、捻挫、骨折、脊椎損傷等救急外傷及び交通外傷
  2. スポーツ外傷
  3. 脊椎外科
  4. 手の外科
  5. 関節リウマチ、変形関節症による関節外科
  6. リハビリテーション

2. 行動目標

  1. 整形外科医の基本態度
    整形外科は、身体的なハンデイキャプを有する患者と接するので、患者の残存能力をいかに活用し、早く社会復帰させるかを念頭において行動する事
     
  2. 診察能力
    1. 主訴、現病歴、家族歴、既往症の要点の記録
    2. 頸椎、胸腰椎の診察
    3. 四肢関節の診察
    4. 手の外科の的確な診察
    5. 読影能力 X線、MRI、CT、脊椎造影
  3. 研修する診療能力
    1. 創傷の局所処置
    2. 出血性ショック
    3. 交通事故等外傷の初期治療
    4. 他科の合併症を有する患者の処置
    5. ギプス包帯

3. 研修方法

 当科指導医及びレジデントと共同主治医となり、検査、手術、総回診、術前・術後のカンファレンス、主演者となる学会に参加できる。

4. 特色等

  • 当科は日本整形外科学会認定専門医が6人勤務していて、日本整形外科学会の専門医認定研修施設です。現在7人のスタッフと1人のレジデントで診療にあたっています。
  • 学会発表はレジデントには年に2~4の演題発表者となっていただいています。 なお、症例が多いので演題には事欠きません。
  • 卒後3年目から上記カリキュラムを充分習得していると指導医が判断した場合には、症例により共同執刀医となり手術を習得していただきます。
  • 外来業務も指導医と同一診察日に新患・再診を行い、診断・治療の判断に困るときには、指導医の指示を仰ぎます。
  • 卒後3・4・5年のレジデント期間で整形外科全般の手術症例と整形外来業務が経験でき、本人の適応能力いかんでは難度の高い手術の習得ができます。
宮崎県立病院群卒後臨床研修(フェニックスプログラム)
このページの先頭へ