宮崎県立宮崎病院

内科

内科

1. 概要

  1. 2年間の卒後臨床研修を終えた医師を対象とする。
  2. 当内科は日本内科学会から教育病院として認定されている。
  3. まず、日本内科学会認定内科医の取得をめざす。
  4. 次に、日本内科学会認定内科専門医および 内科系のsubspecialty学会専門医の取得をめざす。

2. 期間

3年間

3. 研修内容

レジデント1年次

  1. 日本内科学会認定内科医の取得のための条件を満たすように内科で研修する。
  2. 2年間の卒後研修期間中に神経疾患や循環器疾患を研修していない場合や希望する場合には、循環器科、神経内科をローテート研修する。
  3. 主に病棟において、指導医とともに入院患者さんの診療、卒後1・2年次の研修医の指導をおこなう。

レジデント2・3年次

  1. 日本内科学会認定内科専門医の取得をめざす。
  2. 内科系のsubspecialty学会専門医の取得を希望する場合には、特定の内科分野を中心に研修する。なお、当科には、消化器・腫瘍,血液,呼吸器,膠原病,腎臓,内分泌・代謝,肝臓・感染症の専門医が勤務している。
  3. 希望によっては内科全般あるいは専門のいくつかを選択して研修することも可能である。
  4. 入院患者さんの診療、研修医の指導、希望する検査・外来診療などを行う。

4. 主な診療内容

循環器 心臓カテーテル検査・治療、心不全・不整脈の治療、超音波検査など
消化器・腫瘍 上部・下部消化管内視鏡検査および治療、癌の化学療法、超音波検査、超音波内視鏡検査など
血液 白血病および悪性リンパ腫を中心に骨髄移植を含む治療など
呼吸器 気管支鏡検査及び治療、肺癌の化学療法など
膠原病 関節リウマチの抗TNF療法、SLEなど難治性膠原病の治療など
腎臓 腎生検、透析導入など
内分泌・代謝 糖尿病の治療、内分泌腫瘍の治療、乳癌の化学療法など
肝臓 肝生検、肝癌の局所療法、肝炎のインターフェロン治療など
感染症 HIVを含む感染症の診療、院内感染対策など

 

宮崎県立病院群卒後臨床研修(フェニックスプログラム)
このページの先頭へ