宮崎県立宮崎病院

麻酔科

麻酔科

1. 取得できる資格

  1. 麻酔標榜医(厚生労働省認定の国家資格で、認定医、専門医、指導医に必須の資格である):
    2年間の麻酔専従研修により取得できる。
  2. 麻酔認定医(日本麻酔科学会認定資格):
    標榜医資格があって、日本麻酔科学会会員であれば取得可能。
  3. 麻酔専門医(日本麻酔科学会認定資格):
    標榜医資格があって、麻酔専従4年間および諸定の専門医試験合格が必要である。

2. 到達目標

麻酔科医として全科の手術の周術期管理に習熟して、患者の全身管理を行える知識・技術を習得することを目標とする。
同時に臨床医として又一社会人としての適切な接遇・礼節も身につける。
麻酔専従2年で、麻酔標榜医、認定医の資格を得る。

3. 行動目標

当院手術室を中心に全科の麻酔を担当する。

  1. 術前検査の評価、前投薬計画、及び術者との交渉が可能になる。
  2. 緊急手術症例の評価・術前計画能力を身につける。
  3. 全身麻酔・区域麻酔・局所麻酔を選択実施できる。
  4. 術中輸液・輸血療法・体温管理ができる。
  5. モニターの設置・それを使っての患者管理ができる。
  6. 適切な術後鎮痛・指示ができる。
  7. 合併症の予見・診断・治療ができる。
  8. 抄読会に参加して最新の知見を身につける。
  9. ICUでの患者管理に参加して全身管理ができる。

4. 指導体制

6名中5名のスタッフが専門医・指導医の資格を備えている。

宮崎県立病院群卒後臨床研修(フェニックスプログラム)
このページの先頭へ