宮崎県立宮崎病院

県立宮崎病院群卒後臨床研修プログラム

県立宮崎病院群卒後臨床研修プログラム

プログラムの特色

(1) 基本的には症例が多く指導医の揃った県立宮崎病院で研修を行う。但し、精神科については、当院あるいは医療法人真愛会高宮病院で行う。地域医療については、プライマリケアをより幅広く学べる美郷町国民健康保険西郷病院、椎葉村国民健康保険病院及び国民健康保険西米良診療所で行い地域及びへき地医療の実情についてより一層の理解を促すこととし、1ヶ月の宿泊研修とする。

(2) 本院のプログラムは、次のとおりである。

  1. 内科(6ヶ月)、救命救急科(3ヶ月)、地域医療(1ヶ月)を必修とする。
  2. 選択必修として、外科(2ヶ月もしくは3ヶ月)、麻酔科(3ヶ月)、小児科(2ヶ月もしくは3ヶ月)、産婦人科(2ヶ月もしくは3ヶ月)、精神科(1ヶ月)のなかから2診療科以上を選択する。
  3. 残りの期間(最長11ヶ月)は次の中から自由に選択できるものとする。
    内科・循環器内科(3~11ヶ月)、外科(6~11ヶ月)、麻酔科(3~11ヶ月)、小児科(3~11ヶ月)、産婦人科(3~11ヶ月)、精神科(3~11ヶ月)、神経内科(3~11ヶ月)、心臓血管外科(3~11ヶ月)、皮膚科(1~11ヶ月)、脳神経外科(3~11ヶ月)、整形外科(3~11ヶ月)泌尿器科(3~11ヶ月)、耳鼻咽喉科(3~6ヶ月)、眼科(1~6ヶ月)、放射線科(3~11ヶ月)、地域医療(1~3ヶ月)、救命救急科(1~11ヶ月)、総合診療科(1~11ヶ月)、病理診断科(1~6ヶ月)。
    ()内は選択できる期間で月単位とする。
  4. 選択必修についてはオリエンテーション時に、自由選択研修に関しては、1年次の秋に希望調査を行い、受入状況により委員長が適宜調整する。
    また、研修時期については指導体制を考慮して委員長が適宜調整する。
  5. 研修医が臨床研修の到達目標を達成できるようにするために、委員長は研修する診療科、研修期間等を調整することができる。
プログラム例 ※選択必修として2科目を選択した場合
  4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
1年目 内科 救急部門 外科※
2年目 地域 精神※ 自由選択
プログラム例 ※選択必修として2科目を選択した場
  4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
1年目 内科 救急部門 小児科※ 精神※
2年目 地域 自由選択
プログラム例 ※選択必修として4科目を選択した場合
  4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
1年目 内科 救急部門 外科※
2年目 地域 精神
小児科※ 産婦人科※ 自由選択
(注)
  1. 「地域」は地域医療、「精神」は精神科。
  2. 1年次の内科研修は基本的に前半型と後半型に分かれて研修を行い、その他の必修、選択必修および自由選択科目の研修順序は各人毎に異なる。

臨床研修の目標

 2年間の研修を本院及び協力型施設で行い、全人的な診療を行えるよう基礎的な知識、技能、態度を身につけ、基本的な診療能力を習得し、初期臨床研修目標を達成する。

プログラム責任者の氏名

プログラム責任者 副院長兼整形外科部長 阿久根 広宣
副プログラム責任者 産婦人科部長 嶋本 富博

本プログラムを履修している研修医

  • 1年次: 10名
  • 2年次: 9名(自治医大卒後研修医含む)

研修医の指導体制

《研修先にて(救命救急科)》
《研修先にて(救命救急科)》

各診療科の指導医によるマンツーマン
方式による指導(指導医講習修了者47名)

宮崎県立病院群卒後臨床研修(フェニックスプログラム)
このページの先頭へ