宮崎県立宮崎病院

泌尿器科研修カリキュラム

泌尿器科研修カリキュラム

1. 研修目標

 泌尿器科領域の疾患におけるプライマリ・ケアの修得を目標とする。

2. 行動目標

 最初は、入院患者4~5名を指導医とともに受け持ち、病歴を作成して診察を行い、毎日経過を観察する。その間、各種検査法を学び、手術を介助し、術前・術後の管理を取得する。
 能力の向上に応じて入院患者を独立して受け持つようにする。
 研修が進むにつれ、疾患も単純なものから複雑なものを多く対象とする。

(1) 研修中に対象とする主な疾患

尿路結石(腎、尿管、膀胱)、悪性腫瘍(腎、尿管、膀胱、前立腺、陰茎精巣)
先天異常(包茎、停留精巣、VUR、PUJ狭窄)、前立腺肥大症、神経因性膀胱
腎不全、尿路性器感染症

(2) 診断法についての研修項目

尿検査、腎クリアランス、尿流動態検査、尿道膀胱鏡検査、尿管カテーテル検査
排泄性尿路造影、逆行性尿路造影、腹部及び経直腸的超音波診断
経直腸的前立腺針生検

(3) 治療法についての研修項目

消毒法、局所麻酔法、仙骨麻酔法、輸液、輸血、一般薬物療法、癌化学療法
尿道拡張術、陰嚢内疾患手術、陰茎小手術、膀胱切開術、ESWL
その他の手術については、助手をつとめる。

宮崎県立病院群卒後臨床研修(フェニックスプログラム)
このページの先頭へ