宮崎県立宮崎病院

眼科研修カリキュラム

眼科研修カリキュラム

1. 研修目標

 眼科領域の疾患におけるプライマリ・ケアの修得を目標とする。

2. 経験目標

A 経験すべき診察法、検査、手技

(1) 基本的な診察法
  1. 眼症状に関する、正確な問診ができ、記載できる。
  2. 全身の一般的な問診、観察ができ、眼症状との関連を解釈して記載できる。
  3. 眼球と付属組織の診察ができ、適切に記載できる。
(2) 基本的な眼科診断技術および検査(自ら実施できるか、検査の適応とその結果の解釈ができる)
[各科共通のものを除いて記載]
  1. 視力検査(矯正)
  2. 屈折検査
  3. 調節検査
  4. 視野検査
  5. 色覚検査
  6. 眼底検査、眼底撮影、蛍光眼底造影
  7. 細隙灯顕微鏡検査
  8. 神経眼科学的検査
  9. 眼位、眼球運動、両眼視機能検査
  10. 緑内障検査、眼圧測定
  11. 涙液分泌能検査、導涙検査
  12. 眼表面から検体採取
  13. 電気生理学的検査
  14. 画像診断
  15. 眼球突出度
(3) 基本的手技[各科共通のものを除いて記載]
  1. 眼帯装用
  2. 点眼、眼軟膏の点入
  3. 結膜下注射
  4. 眼球マッサージ
  5. 前房穿刺
  6. 角結膜異物除去
  7. 球後麻酔、瞬目麻酔、テノン嚢下麻酔
  8. 霞粒腫、麦粒腫の切開
  9. 眼瞼、結膜、強膜の縫合
  10. コンタクトレンズの装用と管理
  11. レーザー治療
(4) 基本的治療法
  1. 療養指導
  2. 薬物治療
  3. 輸液
(5) 診療記録
  1. 診療録
  2. 処方箋(眼鏡、コンタクトレンズを含む)、指示箋
  3. 診断書
  4. 紹介状、返信

B 経験すべき症状、病態、疾患

 
  1. 頻度の高い症状
    視野障害
    視野狭窄
    結膜の充血
  2. 緊急を要する症状、病態
    急性感染症
    外傷、熱傷
  3. 経験が求められる疾患、病態
    屈折異常
    角結膜炎
    白内障
    緑内障
    糖尿病・高血圧・動脈硬化による眼底変化

C 特定の医療現場の経験

  1. 救急医療
  2. 予防医療、失明予防、感染症対策
  3. 地域保険・医療、労働と視機能、労働眼障害と対策、アイバンク活動
  4. 小児・成育医療
    未熟児網膜症の診断と治療
    母子保健
    弱視、ロービジョン訓練・教育
    学校保健
    遺伝性眼疾患の診断・遺伝相談
  5. 緩和・終末期医療
    失明告知、相談、院内訓練、指導
    中途失明者のリハビリテーション
    視覚リハビリテーション
    視覚障害者に対する各種法令を含む社会的援護
宮崎県立病院群卒後臨床研修(フェニックスプログラム)
このページの先頭へ