宮崎県立宮崎病院

神経内科研修カリキュラム

神経内科研修カリキュラム

1. 一般目標

 日常診療に必要な神経内科学の病態、治療、基本的概念についての知識を身につける。
 当科における疾患は脳外科、整形外科、一般内科、精神科ともオーバーラップする病態が多く、これらについても基本的知識を習得することが要求される。

  1. 神経疾患について診断、検査、治療、社会的ケアを含めた包括的治療計画が立てられるようになる。
  2. 神経学的プライマリ・ケアを習得する。
  3. 神経疾患患者の社会的、心理的側面まで配慮できるように心がける。
  4. 神経疾患患者の長期ケアについて理解し、これを実践する。
  5. 上記に記すように他科との連携のみならず、パラメディカルを含めた広い職種と連携できるようにする。

2. 行動目標

 患者・家族との信頼関係を構築し、診断、治療、社会的ケアまで円滑に医療を進めていく。

  1. 基本的手技、基本的治療は一般内科に準ずる。
  2. 下記に示すような神経内科特有の検査について、十分な理解の上で検査計画を立て、あるいはこれを実際に行う。
    1. 腰椎穿刺、そのデータの解釈
    2. 頭部CT
    3. 頭部MRI、MRA
    4. 脳血流シンチ
    5. 脳波
    6. 神経伝導検査
    7. 針筋電図
    8. 筋生検
    9. 神経生検
  3. 基本的な治療について理解する。(内服薬、免疫吸着療法、 γ-グロブリン大量療法、リハビリなど)。
  4. 社会的資源(身体障害者手帳、介護保険、在宅看護、療養型介護施設など)について理解を深め、実際にこれらと連携する。
  5. 以下の疾患について実際に入院患者を受け持ち、症例レポートを作成する。脳梗塞、脳炎、神経変性疾患(パーキンソン病など)、免疫学的神経疾患(ギラン・バレー症候群、重症筋無力症など)
  6. 以下の疾患について外来、または入院診療を経験する。頭痛、めまい、脊髄症(頚椎症など)、痴呆性疾患、筋萎縮性疾患、意識障害

3. スケジュール

 当科における研修は最低3ヶ月とする。研修は病棟での診療を中心に行う。

宮崎県立病院群卒後臨床研修(フェニックスプログラム)
このページの先頭へ