宮崎県立宮崎病院

心臓血管外科研修カリキュラム

心臓血管外科研修カリキュラム

1. 一般教育目標

 心臓血管外科に関する基本的な知識、技能及び社会人としての責任と他人から尊敬される人格を有し、倫理感に富み、医療事故防止対策、感染対策、医療経済等にも十分に配慮できる有能で信頼される心臓血管外科医を育成する。

2. 行動目標

  1. 心臓、血管系の発生、構造と機能を理解し、心臓、血管疾患の病因、病態、疫学に関する知識を持つ。
  2. 心臓、血管疾患の診断に必要な問診と理学所見を的確に得て、必要な一般検査、特殊検査を行い、それらの結果を総合して疾患の診断と病態を評価できる。
  3. 診断結果に基づき、個々の症例の心身両面に対応し、心臓、血管疾患に対する治療法を的確に選択し、安全に実施できる。
  4. 患者及びその家族に対して、診断名、病状及び各種の治療法を説明し、得られる治療効果、それに伴う合併症、危険性について十分な説明ができる。

3. 研修方法

指導医と共に患者を受け持ち、研修する。

  1. 高齢者、ハイリスク患者を含む各種の心臓、血管疾患症例を担当医として経験する。
  2. 心臓、血管疾患に関する症状と理学所見、画像検査、生理学的検査などの基本的な検査法の他に、心臓血管造影法、心臓カテーテル法、RIアンギオグラフィーなどの特殊検査の検査結果を解析できる。
  3. 一般状態、加齢、他臓器機能、合併疾患を評価し、心身両面から総合的な治療計画の策定と手術適応の決定、術式の選択ができる。
  4. 心臓、血管疾患の外科的治療の専門知識と技能を習得する。
    1. 心臓血管外科手術の呼吸、循環動態を理解し、薬剤による循環管理、呼吸器操作、酸塩基平衡、輸液、輸血、感染対策などの周術期管理が適正に実施できる。
    2. 術後合併症の早期発見と対策ができる。
  5. 医療事故、アクシデント、インシデントの発生に際しては、迅速に遺漏なく対処できる。
  6. 心臓血管外科に関する研究論文及び症例報告を発表する。
  7. 学術集会において、心臓血管外科に関する発表を演者として行う。

4. 研修計画と内容

(1) 研修計画

1年目: 各種心臓血管疾患の主治医として経験を積み、責任ある診療を展開する。症例を重ね専門的知識を深め、積極的な学会活動を行う。心臓、血管疾患の診断手技、術前・術後の管理を修得する。特に、ICUでの管理に習熟する。
2年目: 当院及び当科関連の心臓血管外科専門医選定機構の定める修練施設で臨床研修を受ける。緊急医療にも携わり、緊急蘇生を始め救急医学全般を修得する。外科認定医取得のため必要な診療を経験する。

(2) 研修内容:以下の手術手技を経験させる。

 胸腔穿刺、心嚢穿刺、胸腔内ドレーン挿入、IABP挿入、開胸術、胸骨正中切開術、動脈内血栓除去術、下肢静脈瘤手術及び硬化療法、ペースメーカー植え込み術、末梢血管血行再建術、その他

(3) 教育資源:2名の指導医が指導にあたる。

(4) 心臓血管外科週間スケジュール

外来 (8:30~13:00)
午後病棟処置、回診、夕方院内レクチャー、カンファレンス
手術 (午前・午後)
手術終了後、回診
病棟回診、処置(午前)
午後各種検査(血管造影、ペースメーカー植え込み等)
手術(午前・午後)
手術終了後、回診
外来 (8:30~13:00)
午後病棟処置、回診

5. 評価

研修指導医が、自己評価表を参考にして以下の項目について評価する。

  1. 社会性
  2. 医学的知識
    外科的(心臓血管外科)基本知識の修得
  3. 診療技術
    的確な判断、検査技術とその評価、外科的(心臓血管外科)な基本手技
  4. 総合評価
    受け持ち患者についての総括を行い、レポート提出、学会発表、論文発表
宮崎県立病院群卒後臨床研修(フェニックスプログラム)
このページの先頭へ