宮崎県立宮崎病院

精神科

精神科

注1) 医師(専攻医)は当専門研修プログラムへの採用後,研修施設群のいずれかの施設と雇用契約を結ぶことになります。
注2) 本専門研修プログラムは,日本精神神経学会による一次審査を通過したものであり,今後日本専門医機構による二次審査を踏まえて修正・変更があることを予めご承知おきください。

基幹施設名称 宮崎県立宮崎病院 精神医療センター
プログラム名 宮崎県立宮崎病院精神医療センター精神科領域専門研修プログラム
プログラム全文(PDFファイル)
プログラム統括責任者 精神医療センター センター長 河野 次郎
E-mail:kjiro@med.miyazaki-u.ac.jp

1. 特徴

  • 総合病院の精神科で身体合併症例に対応
  • 救急車で搬送される症例が多い
  • 警察・保健所との協力を要する措置入院の症例が多い
  • DPAT(災害派遣精神医療チーム)
  • 精神科リエゾンチーム
  • 自殺対策チーム
  • 緩和ケアチーム
  • 摂食障害の入院治療にも対応
  • 医療観察法の指定通院医療機関
  • 精神保健福祉センター、保健所、行政との関係が緊密
  • 知的障害者施設への医師派遣(交代で週2回)
    診療の対象とする患者の年齢は小児から高齢者まで幅広い
  • 宮崎大学医学部附属病院精神科でのmECT(修正型電気痙攣療法)
  • 宮崎大学医学部付属病院精神科で定期的に開催される研究発表・抄読会

2. 期間

3年間

3. 定員

6名

4. 研修カリキュラム

原則として1年目に基幹病院で研修し、精神科医としての基本的な知識を身につける。 2〜3年目には基幹病院または連携病院で研修し、身体合併症治療、難治・急性期症例、児童症例、認知症症例、触法患者等を幅広く経験し、精神療法、薬物療法を主体とする治療手技、身体的検査・心理検査などの検査手法、精神保健福祉法や社会資源についての知識と技術を深めていく。

【プログラム例】

5. 連携施設

宮崎大学医学部附属病院、宮崎東病院(児童精神科)、井上病院、大悟病院、協和病院、髙宮病院、野崎病院、宮崎若久病院、内村病院、国見ケ丘病院、県南病院、鮫島病院、都城新生病院、田中病院、谷口病院、永田病院、藤元病院、吉田病院、宮崎県精神保健福祉センター

宮崎県立病院群卒後臨床研修(フェニックスプログラム)
このページの先頭へ