宮崎県立宮崎病院

内科

内科

1. 概要

 本プログラムは,宮崎県宮崎東諸県医療圏の中心的な急性期病院である宮崎県立宮崎病院を基幹施設として,宮崎県延岡西臼杵医療圏にある宮崎県立延岡病院、日南串間医療圏にある宮崎県立日南病院という県立病院群、医師養成教育機関であり宮崎県における中核的医療機関である宮崎大学医学部付属病院、そして宮崎県全体にある地域第一線の病院、診療所を含めた本プログラム専門研修施設群における内科専門研修を経て宮崎県の医療事情を理解し,地域の実情に合わせた実践的な医療も行えるように訓練され,基本的臨床能力獲得後は必要に応じた可塑性のある内科専門医として宮崎県全域のみならず日本全体の地域医療を支える内科専門医の育成することを目的としています.

2. 期間

研修期間は3年間(基幹施設2年間+連携施設1年間)。
地域密着コースの場合は原則最大7年間(基幹施設1年間を含む基幹施設、連携施設での研修合計2年間+特別連携施設1年間)になります。

3. 定員

5名

4. 研修カリキュラム

 基幹施設である宮崎県立宮崎病院内科で,専門研修(専攻医)1年目に1年間、2年目・3年目にそれぞれ半年間で計1年間、全体で2年間の専門研修を行います(図1)。2年目・3年目は宮崎県立宮崎病院内科での研修期間外で計1年間の地域医療の研修、アカデミアでの研修を行います。
 専攻医1年目の秋〜冬に専攻医の希望・将来像、研修達成度およびメディカルスタッフによる360度評価(内科専門研修評価)などをもとに、専攻医2〜3年目の研修期間を調整し、決定します。
 いっぽう、自治医科大学出身、地域枠出身の専攻医に対しては、義務年限を考慮した地域密着型プログラムが対応します(図2)。義務年限の間に、基幹病院での1年間の研修、基幹あるいは連携病院での1年間、および特別連携病院での1年間の研修を必ず含むようにし、内科専門医試験の受験資格を満たすようになります。
 なお,専攻医の希望、研修達成度によってはSubspecialty研修も可能です(個々人により異なります)。

【プログラム概念図】

内科:図1

内科:図2

5. 連携施設・特別連携施設

【連携施設】
宮崎大学医学部附属病院、宮崎県立延岡病院、宮崎県立日南病院

【特別連携施設】
美郷町国民健康保険西郷病院、美郷町国民健康保険南郷診療所、椎葉村国民健康保険病院、西米良村国民健康保険診療所、高千穂町国民健康保険病院、諸塚村国民健康保険診療所

6. プログラム統括責任者

県立宮崎病院 内科医長 姫路 大輔

宮崎県立病院群卒後臨床研修(フェニックスプログラム)
このページの先頭へ