宮崎県立宮崎病院

小児科

小児科

1. 概要

 県立宮崎病院は、宮崎県中央部の中核病院として救急疾患の対応、急性疾患の管理を重点に行っており小児科医に欠くことのできない小児初期救急医療を研修できる施設です。また、高度な専門医療に対応するため経験豊富な専門医を有し、各専門領域の研修も可能となっています。さらに本プログラムは、宮崎大学医学部附属病院をはじめに宮崎県中央部から県西南部、県北部にわたる連携施設、関連施設で急性疾患の対応と慢性疾患、稀少疾患の管理、地域医療を経験でき、地域の特性と病院の役割に応じて、幅広い領域にわたり、もれなく経験できる研修プログラムとなっています。

※本専門研修プログラムは、日本小児科学会による一次審査を通過したものであり、今後日本専門医機構による二次審査を踏まえて修正・変更があることを予めご承知おきください。

2. 期間

3年間

3. 定員

3名

4. 研修カリキュラム

 専門研修1年目は県立宮崎病院で小児科研修を開始し、小児科の基本的な考え方や手技に加えて新生児を含む小児のあらゆる領域の担当医として研修します。2年目以降は宮崎大学附属病院で感染免疫疾患・内分泌代謝疾患・血液疾患・腎泌尿器疾患・循環器疾患・神経筋疾患・新生児の担当医として研修し、都城市郡医師会病院、独立行政法人国立病院機構都城医療センター、済生会日向病院では地域医療を含む小児急性疾患を6か月間から1年間それぞれ担当医として研修します。3年間を通じ専門領域および外来での乳児健康診査と予防接種などの小児保健・社会医学の研修と救急疾患などすべての領域を研修します。

【研修ローテート例】

小児科 研修ローテート例

5. 連携施設

宮崎大学医学部附属病院、都城市郡医師会病院、済生会日向病院、独立行政法人国立病院機構都城医療センター、独立行政法人国立病院機構宮崎病院、愛泉会日南病院、宮崎県立日南病院

6. プログラム統括責任者

県立宮崎病院 小児科部長 中谷 圭吾

宮崎県立病院群卒後臨床研修(フェニックスプログラム)
このページの先頭へ