宮崎県立宮崎病院

麻酔科

麻酔科

1. 概要

 宮崎県立宮崎病院を中心として、宮崎県立延岡病院、日南病院、および宮崎大学附属病院で、それぞれの病院の特性を生かした研修を行う。本院では主に麻酔の基本的技術の習得を目指し、宮崎県立延岡病院、日南病院では地域医療に根差した周術期管理を学習し、宮崎大学附属病院では心臓手術などの高度な麻酔に加え、ICUやペインクリニックなどの専門技術を習得する

 本研修プログラムでは、専攻医が整備指針に定められた麻酔科研修の到達目標を達成できる専攻医教育を提供し、十分な知識・技術・態度を備えた麻酔科専門医を育成する。

2. 期間

4年間

3. 定員

1名

4. 研修カリキュラム

 偏りなく症例を経験するたけ4年間の研修期間の打ち1年間を本院にて研修し、残り3年間は地域医療支援病院または宮崎大学附属病院麻酔科にて研修を行い、地域医療に必要とされる緊急手術の麻酔やサブスペシャリティーであるペインクリニック、集中治療など多方面にわたり研修を行う。研修2年目終了時点で麻酔科認定医および標榜医を取得する。各施設における研修期間は、宮崎県下の麻酔科医のマンパワーの配分に考慮し、本プログラム統括責任者および各関連研修施設プログラム責任者の協議により決定される。

※研修内容・進捗状況に配慮して、プログラムに所属する全ての専攻医が経験目標に必要な特殊麻酔症例数を達成できるように、ローテーションを構築する。
※地域医療の維持のため、最低でも1年以上は地域医療支援病院である県立延岡病院または県立日南病院で研修を行う。

【研修ローテート例】

  1年次 2年次 3年次 4年次
専攻医A 県立宮崎病院 宮崎大学附属病院 県立延岡病院 県立日南病院
専攻医B 県立宮崎病院 県立延岡病院 宮崎大学附属病院 県立日南病院
専攻医C 宮崎大学附属病院 県立宮崎病院 県立宮崎病院 県立延岡病院
専攻医D 宮崎大学附属病院 県立延岡病院 県立宮崎病院 県立日南病院

5. 連携施設

宮崎大学医学部附属病院、宮崎県立延岡病院、宮崎県立日南病院

6. プログラム統括責任者

県立宮崎病院 麻酔科部長 莫根 正

宮崎県立病院群卒後臨床研修(フェニックスプログラム)
このページの先頭へ