宮崎県立宮崎病院

研修医室より

研修医日記:2017年6月

更新日:2017年7月 4日

こんにちは、はじめまして。

研修医一年目の小佐井と申します。
救急科で4月から三ヶ月間研修させていただきました。あっという間の三ヶ月でしたが、とてもいい経験をさせていただきました。

うちの救急科の良さを一言で表すと、雨田先生をはじめ諸先生方の徹底した指導体制だと思います。救急搬送がない平和な時間帯には座学や身体を実際に動かすレクチャーをしたり、空いてる時間にはマンツーマンで1日の振り返りをしたり、、、。忙しい日々の中にも自分を成長させる仕組みがしっかりあって、とても良かったと思います。

あと個人的に素晴らしいと思うのはオンオフをはっきりしているので、休日も完全フリーがあったり、平日でも飲みに行ったり、、、。

おそらく言葉だけでは伝わらない面が多いので、ぜひ見学に来て体験しにきてください!!!学生さんも救急科のチームの一員として参加できますよ~

写真は6月の飲み会でした。楽しそうですね!

研修医 小佐井孝彰

2017070401.jpg

記事一覧

宮崎県立病院群卒後臨床研修(フェニックスプログラム)
このページの先頭へ