宮崎県立宮崎病院

泌尿器科の紹介

泌尿器科の紹介

 当科は現在3人のスタッフとレジデント1人で構成されており、4階西病棟24床で診療を行っています。また日本泌尿器科学会認定教育基幹病院に指定されております。

診療内容

 当科の外来診療日は月~金の9時から15時となっております。診療対象の疾患は、尿路悪性腫瘍、尿路感染症、尿路結石、前立腺肥大症、神経因性膀胱、骨盤性器脱などです。

 尿路造影検査は月~金の午前中に行っております。前立腺針生検は主に火曜木曜の午後に2症例ずつ行っており、検査の当日のみ一泊入院していただき検査を行っております。

 手術は月・金曜日(午後)と水曜日(終日)に行っており、尿路悪性疾患、副腎腫瘍に対し腹腔鏡手術を積極的に行っています。また膀胱腫瘍、前立腺肥大症や尿路結石に対する内視鏡手術もHo:YAGレーザーや、生理食塩水を灌流液に用いたTURを行うことでより安全に施行しています。近年PSA検診の普及に伴い早期前立腺癌の方が増加しています。当科でも放射線外照射、前立腺全摘出術、active surveillanceなどの治療を行っています。また骨盤性器脱や尿失禁に対するTVMやTOT(TVT)などの手術も施行しております。体外衝撃波結石破砕術(ESWL)は火曜木曜の午後に行っており基本的には日帰りで治療を行っております。

 毎週火曜夕方より外来、入院、手術のカンファレンスを、また木曜午後は隔週で病理カンファレンスと抄読会を行っております。

診療実績

昨年度の業績としましては外来新患数
1036名、入院615名、手術室での手術291件でした。

手術の主な内容は
腹腔鏡下副腎摘除術5例、腹腔鏡下腎摘除術9例、腹腔鏡下腎尿管全摘術7例、根治的腎摘術7例、TUR-Bt 127例、膀胱全摘術10例、前立腺全摘術14例、TUR-P 15例、精巣固定術43例、高位精巣摘除8例、TVM15例でした。

お問い合わせ:電話0985-24-4181
外来診療時間一覧
病院へのアクセス
病院情報の公表
  • がん治療センター
  • 精神医療センター
  • 救急・総合診療センター
  • 県立宮崎病院動画
このページの先頭へ