宮崎県立宮崎病院

外科の紹介

外科の紹介


外科
上田 祐滋

当院は、平成15年8月より厚生労働省より<地域がん診療拠点病院>に指定されました。がん患者様の増加に対応するために、平成19年1月より病棟再編を行い<がん治療センター>を立ち上げました。現在、当院の入院患者様の約22%が悪性疾患であり、昨今の高齢化にともない各種合併疾患を持つ進行癌の方が増加傾向にあります。ちなみに当院外科では、平成27年度に一般外科、消化器外科、呼吸器外科、乳腺内分泌外科、外傷外科,小児外科、腎移植など計972例の手術を行っており、その半数以上は悪性疾患となっております。なかでも乳癌、肺癌、大腸癌の手術症例数は、近年増加傾向にあり、それぞれ年間200例、100例、90例を超えました。当科では、各分野の専門医を中心に臓器別チーム医療を実践しており、毎週火・木・金曜日には、外科、内科、放射線科、腫瘍内科、病理診断科を交えた合同キャンサーボードを開催し全症例を詳細に検討し、各種がん治療ガイドラインにそって治療方針を決定しております。当科の診療目標は、“安全、確実で愛護的な手術と科学的根拠に基づいた先進医療の実践”であります。当然のことながら、術後補助療法や経過観察は各主治医が責任を持ち、患者様の在宅医療、通院治療の充実と利便性向上のために県内全域の医療機関との病診連携体制を取っております。

(文責:上田)

乳腺グループ(大友医長)

乳腺グループは、日本乳癌学会乳腺専門医の大友直樹、池田奈央子、牧野裕子、植田雄一の4名と、がん薬物療法専門医 片寄恵子、レジデント本山由利菜の計6名と充実したスタッフでグループ診療を行っており、日本乳癌学会の認定施設でもあります。2014年度は177例の乳癌手術が施行され九州でも有数の施設です。手術の内訳は、乳房温存手術43%、乳房切除術46%、乳房切除術+乳房再建11%で、乳房温存手術が減少した一方、乳房再建手術が増加する傾向にありました。以前は乳房再建には100万円近くの自己負担が必要で、費用の問題であきらめていた患者さんもいらっしゃいましたが、2013年9月にシリコンインプラントによる乳房再建が保険適応になってからは全国的にも乳房再建手術が増えてきています。当院も2014年2月乳房再建用エキスパンダー実施施設として日本オンコプラスティックサージェリー学会の施設認定を受け乳房再建に公的保険を使う事ができるようになりました。また、乳腺内視鏡手術で有名な亀田総合病院で8年間修練を積んできた池田が帰って来てからは、内視鏡を用いた小さな創で行う乳房再建手術も行えるようになっています。新患日は月火木金曜日です。乳癌の専門家として再発、進行乳癌、セカンドオピニオン等も積極的に受け入れております。

呼吸器グループ(別府医長)

呼吸器外科領域では、原発性肺癌や転移性肺癌などの肺悪性腫瘍をはじめ、肺良性腫瘍、縦隔腫瘍、気管腫瘍、胸膜・胸壁腫瘍、気胸、巨大肺嚢胞、膿胸、炎症性肺疾患、先天性肺異常など幅広い疾患に対して、呼吸器外科専門医を中心に診療を行っています。2015年1年間の手術件数では、118例の肺癌症例を含む総数144例の手術を施行し、その件数は年々増加しております。手術においては積極的に胸腔鏡を導入し、80%以上は胸腔鏡下に手術を行っています。例えば、肺癌に対する肺葉切除では通常5~8cmほどの小開胸創と1~2cmの操作孔2か所で行い、肋骨切離は行わず、開胸器も使用しません。また、縦隔腫瘍や気胸においても1~2cmの操作孔3か所で手術を行っています。ただ、手術の安全性と確実性を重視する観点から、胸腔鏡手術の適応については一例ごと慎重に術前評価しております。一方、周囲組織へ浸潤する腫瘍に対しても、浸潤臓器を合併切除することによって積極的に治癒切除を行っています。当院では呼吸器外科、呼吸器内科、放射線科、病理検査科の各専門医が参加する合同カンファレンスを週1回定期的に行っており、症例ごとに手術適応の評価、病理検査結果の考察、抗癌剤治療や放射線治療による術後補助療法の適応などについて詳細に検討しています。当科ではこのような各診療科の密な連携によって、より質の高い診療を目指しています。

上部消化管グループ(日高医長)

当院の上部消化管の外科治療としては、食道癌、胃癌、GISTなどの悪性腫瘍に対する手術症例が多く、他に食道裂孔ヘルニアや胃食道逆流症などの良性疾患、特発性食道破裂や胃・十二指腸潰瘍穿孔に対する緊急手術など、多様な疾患を手がけております。食道癌に対する食道亜全摘術は侵襲が大きく、難度の高い手術でありますが、当院では胸腔鏡下手術を導入し、低侵襲な方法で安全に手術を行っています。胃癌に対しても、主に早期癌に対しては腹腔鏡下胃切除術や腹腔鏡下胃全摘術を行っており、進行癌の場合には術前または術後の化学療法を併用して治療成績の向上に努めています。切除不能と診断された場合には、他の治療法(化学療法や放射線療法など)について提示し、QOLを向上させるためにあらゆる手段を駆使します。また、胃穿孔や十二指腸穿孔により腹膜炎を来した場合などの緊急手術にも24時間対応可能です。当院は宮崎県の基幹病院であり、さらにがん治療の拠点病院であるため、県内の様々な医療機関から多数の患者紹介を頂いております。近年は高齢化のため複数の合併疾患を有するリスクの高い患者様が増加してきましたが、質の高い手術ときめ細かい周術期管理を徹底し、多くの患者様に満足のいく医療を提供していると自負しております。セカンドオピニオンにも対応致しておりますので、対象の患者様やそのご親族の方は当院へ御相談ください。

下部消化管グループ(中村医長)

下部消化管領域では、結腸癌50~60例、直腸癌20~30例と大腸癌手術を年間70~90例程度行い、手術件数は年々増加しています。そのほか、大腸穿孔腹膜炎や腸閉塞などの緊急手術例などをあわせると年間100例を超える手術を行っています。手術は侵襲の少ない腹腔鏡手術を積極的に導入していますが、癌が非常に進行した方や緊急手術など通常の開腹手術が必要な方も多いため、腹腔鏡手術の割合は約半分です。進行した直腸癌では骨盤内臓全摘術や側方郭清などの拡大手術のほかに、術前化学放射線治療を導入し症例に応じて適切に治療を行っています。また従来であれば人工肛門造設術が必要な腸閉塞を伴う進行大腸癌に対しては、大腸ステントを留置することで人工肛門を回避し全身状態を整えて、精密検査を行ってから根治手術を行っています。近年、高齢化に伴い血液透析や重篤な合併症などのために濃厚な全身管理が必要な方々が増えており、日々一丸となって手術や週術期管理に臨んでいます。

肝胆膵グループ(小倉医長)

当グループは肝臓、胆道(胆管、胆嚢、十二指腸乳頭部)、膵臓、脾臓の良悪性腫瘍、並びに胆石を中心とした良性疾患などの手術診療を専門的に行っております。また手術に加え、内視鏡による診断治療(ERCP関連手技、EUS)、並びに経皮経肝的診断治療(PTBD、PTGBD、PTAD)などにも対応し、その診療は多岐にわたります。本領域は悪性度の高い疾患が多く、唯一の根治治療である外科手術を可能な限り目指しておりますが、不幸にも初診時に高度局所浸潤や遠隔転移により手術適応がない患者様が多いことも事実です。さらに高齢化に伴い重篤な基礎疾患を抱える方も多く手術適応に苦慮することもあります。治療におきましては、外科手術の適応をまず検討しますが、十分な精査と評価、Informed consentを踏まえ、患者様の状況に応じて総合的に判断し、最も適した治療を安全に提供するよう努めております。本疾患が疑われた際の精査加療目的や胆石による胆管炎や胆嚢炎など時として緊急処置が必要な際など、迅速に対応いたしますので、当科へご相談のほど宜しくお願いいたします。

腎移植グループ(土井医長)

当院は1988年に第1例目の生体腎移植を施行、以後腎移植医療に取り組んでまいりました。これまでに多数の腎移植を施行し、良好な成績を得ています。
腎移植は外科的側面のみならず、多岐にわたる総合的な知識・技術が必要とされる医療ですが、当院では腎臓内科を始めとする他科との連携のもとに総合的な診療を行っております。また、国内有数の症例数を有する九州大学 臨床・腫瘍外科 腎移植グループと連携し、日本移植学会認定医・日本臨床腎移植学会認定医が常勤していることも特徴の一つです。近年においては、血液型不適合移植・透析導入前のプリエンプティブ移植などにも積極的に取り組んでおり、いずれも良好な成績を得ております。また、以前は移植に至らなかった免疫学的にハイリスクな症例も十分な検査・処置により施行可能となりつつあります。
ドナー手術においては鏡視下手術を取り入れることで、ドナーの負担軽減に努めており、術後1週間程度で退院され、皆さん順調に社会復帰されています。
また、献腎移植に関しては宮崎県内唯一の認定施設であるため、多数の移植希望患者さんが当院で登録を行っております。当院としては緊急手術に対応可能な体制を整えることで安全な献腎移植医療を提供しています。腎不全治療において腎移植を検討されている方がおられましたら、まずは話だけでも結構ですので当科外来を受診、またはご紹介いただけますようお願いいたします。

お問い合わせ:電話0985-24-4181
外来診療時間一覧
病院へのアクセス
病院情報の公表
  • がん治療センター
  • 精神医療センター
  • 救急・総合診療センター
  • 県立宮崎病院動画
このページの先頭へ