宮崎県立宮崎病院

MRI検査を受けられる方へ

MRI検査を受けられる方へ

絶食について

  • 肝、胆嚢、膵臓、上腹部の検査の方
    検査直前の1回分を絶食してください。水分も制限します。
    午前中の検査 → 絶飲食   午後の検査 → 絶飲食
  • この他の部位の検査の方は、絶食、水分制限はありません。
  • 糖尿病で治療中の方は、絶食について、医師、看護師にお尋ね下さい。
  • 服用中のお薬は、特に医師の指示がない限り、通常通り服用して下さい。

MRI検査とは

 MRI検査とは磁気を用い、体の断面像を作る検査です。台の上に寝て、トンネル状の機械の中で撮影します。閉所恐怖症の方は主治医にあらかじめ申し出てください。

 撮影時、大きな音がしますが心配いりません。撮影時間は検査内容により異なりますが、約30分程度です。検査には以下の注意が必要です。

1) 禁忌

  1. 体内に埋め込んだ機器
    • ペースメーカー
    • 埋め込み式除細動器
    • 人工内耳
    • 脊髄の神経刺激装置
  2. 体内の磁性体金属
    • 脳動脈クリップや人工心臓弁のうち、古い時期に埋め込まれたもの
    • 2週間以内に挿入された、体内の金属ステント類や医療用金属
    • けがなどで体内に金属のある方

2) 注意

  • 妊娠初期は影響がわからないので、基本的には検査しません。
  • 入れ墨や、眉のアートメイクは、変色・やけどの報告があり、注意が必要です。化粧は落としてきて下さい。
  • ニトログリセリン製剤の貼り薬:検査前にはがす必要があります。
  • カラーコンタクトは磁性体を含んでおり、やけどの恐れがあります。検査前に外して下さい。
  • 眼鏡、ネックレス、イヤリング、補聴器、入れ歯、ブラジャー、時計、ベルト、ヘアピンなどは外す必要があります。
  • 携帯電話、鍵、キャッシュカード、使い捨てカイロも持ち込めません。

このページの先頭へ