宮崎県立宮崎病院

眼科の紹介

眼科の紹介

 眼科全般(白内障、緑内障、網膜疾患等)を医師3人体制で対応しております。
 一般外来は月曜日~金曜日まで毎日午前中に行っていますが、月曜日と金曜日は手術日になっており外来担当医が一人になりますので、急病でなければできましたら火、水、木曜日の午前中に受診してください。
 緊急の場合にはいつでも対応します。

 月・水・金曜日の午後は特殊検査(視野検査等)やレーザー治療等を行っています。マルチカラーレーザー装置や、精密視野計、眼底カメラ、ヤグレーザー装置、超音波診断装置、OCT(光干渉断層計)などを外来に有し、糖尿病網膜症や網膜裂孔などの網膜疾患に対するレーザー治療や、緑内障の精密視野検査、各種眼底疾患の蛍光眼底造影などを行っています。

 手術は月曜、金曜の午前中、木曜の午後に行っています。 対象疾患は白内障、糖尿病網膜症、網膜剥離、外傷などです。白内障手術は超音波水晶体乳化吸引術が大多数で、ほとんどの症例で眼内レンズ挿入を同時に行っています。合併症のある白内障の手術も県内の眼科医院より数多くの紹介があります。また、硝子体手術は網膜剥離、糖尿病網膜症、硝子体出血、増殖硝子体網膜症など様々な症例を対象としています。
 手術を受けられる方は基本的にすべて入院して頂き術後何が起きてもすぐに対応できるようにしています。白内障手術片眼の場合約4日間、両眼の場合は約1週間の入院となります。その他の疾患はその術式・術後経過によって入院期間は異なります。

 周産期センターでは、毎週火曜日午後に未熟児の眼底検査を行っており、未熟児網膜症のレーザー治療も行っております。

 総合病院であることを生かして、各科と密に連携し全身疾患から生じる眼疾患や、全身状態に注意が必要な方の治療や手術を多く行っているのが特徴です。

お問い合わせ:電話0985-24-4181
外来診療時間一覧
病院へのアクセス
病院情報の公表
  • がん治療センター
  • 精神医療センター
  • 救急・総合診療センター
  • 県立宮崎病院動画
このページの先頭へ