宮崎県立宮崎病院

産婦人科の紹介

産婦人科の紹介


産婦人科
嶋本 富博

日本産婦人科学会専功医指導施設、地域周産期センター、日本婦人科腫瘍学会修練施設、日本周産期新生児医学会指定施設としての役割を担っています。そのため最新の最善の医療を提供するため更には次代を背負う医師を養成するための施設として日夜研鑽に努めています。現在スタッフ7人、レジデント2人の計9人で診療に従事しています。
分娩は平成26年度600例を越え、母体搬送に対しても断らないを目標にし、昨年はすべて応需できました。これもひとえに救急外来、病棟、手術室の協力の賜物と思っています。本年も昨年を上回る分娩数が見込まれ、これまで以上に新設なった新生科、手術室との連携でお応えしていきたいと思います。
悪性疾患についても毎年新規の悪性患者数は130-150例で推移しています。

子宮頸癌は2014年度38例で、手術可能な症例は根治手術である広汎子宮全摘術を行っています。輸血回避を目的に自己血貯血はもちろんのこと、悪性疾患の後遺症の一つであるリンパ浮腫に対してもリンパ菅の選択的温存、更にはリンパマッサージを導入しています。また子宮頸癌の初期前癌病変には可能な限り子宮温存手術(円錐切除術、レーザー蒸散術)を行っています。最近では上皮内がん、高度異形成の治療例が急増し年間200例を越えています。この治療の積み重ねが将来の子宮頸癌の発症の減少に寄与すればと願っています。子宮頸癌に近年若年発症化していることは周知の事実で30歳台の増加が顕著でありますが、最近は30歳台であっても進行癌のケースが多くなったように感じます。諸外国では更に広範囲のHPVウイルスもまもなく実用化レベルにきているようですが、日本での導入はまだ先のことであり現在子宮頸癌からの身を子宮を守る方法は検診が最大の方策です。行政の努力もあり徐々に検診率も上昇していますがまだ十分なレベルではありません。検診の習慣化をお願いする次第です。子宮体がんは2014年度59例でほぼ全例手術を行い、リンパ節転移症例では抗がん剤を追加しています。リンパ節転移例でも抗がん剤投与による50%を越える5年生存率を得ています。卵巣がんは2014年38例(境界悪性腫瘍を含む)で可能な限り手術摘出を目指しており、腸管浸潤で切除困難な場合は外科との連携で腸管合併切除を行っています。III期の手術症例で術後の残存病変が1cm未満に至った症例での5年生存率は約50%となっています。また初回治療時に摘出困難なことが予想される場合は術前化学療法を行い、化学療法3回施行後を目標に摘出手術を行っています。外陰癌も年に1−2例あり悪性根治手術、放射線療法で対処しています。また良性卵巣腫瘍等の対象症例に対しては低侵襲の腹腔鏡手術を積極的に行っています。

 分娩について2014年は606例で、母体搬送も92例となっています。内科、外科、精神科と共同で管理していく妊婦さんが約40%を占めていますが、新生児科と連携し、正常分娩からハイリスク分娩まで幅広く対応しております。母体搬送は原則受け入れる方針です。また開業医の先生方と緊密に連携をとっており、当科での管理が必要な患者様をご紹介いただいております。ご紹介いただいた患者様は分娩後に経過が順調であれば原則ご紹介元での管理をお願いしております。何卒ご了承ください。

宮崎県で多数の患者さんが受診され責任をひしひしと感じそのご期待に添えるよう今後も日夜研鑽してく所存です。

受診される方へ

初診の場合は、原則紹介状が必要です。かかりつけ医より紹介状を持参して来院してください。妊娠は、その限りではありません。

診療実績

分娩数

  • 2015年度 分娩数 720例(うち双胎妊娠22例)
  • 2015年度 母体搬送 128例

2015年度 手術件数 890例

婦人科
広汎性子宮全摘出術 21例
子宮体癌手術 51例
卵巣癌手術(境界悪性腫瘍を含む) 42例
外陰癌手術 1例
単純子宮全摘出術 69例
子宮筋腫核出術 15例
良性卵巣腫瘍手術 33例
腹腔鏡手術 47例
     ※腹腔鏡下子宮附属器腫瘍摘出術 31例
     ※腹腔鏡下子宮全摘出手術 5例
     ※腹腔鏡下異所性妊娠手術 8例
     ※審査腹腔鏡 3例
子宮脱手術 6例
子宮頸部円錐切除術 53例
子宮頸部レーザー蒸散術 186例
子宮内容除去術(子宮内膜全面掻爬を含む) 122例
その他 31例

 

産科
帝王切開術 207例
     ※選択的帝王切開術 101例
     ※緊急帝王切開術 106例
子宮頸管縫縮術 3例
異所性妊娠手術(腹腔鏡) 8例
異所性妊娠手術(開腹) 3例
  • 2014年度 外来化学療法 489例
  • 2014年度 入院化学療法 294例

日本産科婦人科学会への情報提供について

1 研究の対象

当院産婦人科で治療を受けられた方

2 研究目的・方法

 本邦における産婦人科領域の診療の現状(妊娠、分娩、不妊、悪性腫瘍など)を把握することで、さまざまな課題を抽出し、より良い産婦人科医療に反映することを目的として、日本産科婦人科学会ではデータベース登録事業を行っています。
 診療記録から抽出された情報を匿名化し、誰の情報かわからないようにしたうえで、WEBまたは郵送にて日本産科婦人科学会に提供しています。日本産科婦人科学会でデータの統計解析を行い、その結果を日本産科婦人科学会誌や日本産科婦人科学会ホームページに掲載しています。また、研究代表者を日本産科婦人科学会員が務めており、かつ日本産科婦人科学会が審査を行い、承認された臨床研究に対しては、データが提供(二次利用)されることもあります。

3 研究に用いる試料・情報の種類

  1. 各領域共通
    患者の年齢
  2. 周産期領域(妊娠・分娩関連)
    入院理由、不妊治療の有無、母体紹介の有無、妊娠・出産回数およびその内訳、喫煙飲酒歴、分娩週数、分娩方法、麻酔法、分娩胎位、誘導・促進の有無および方法、胎児心拍パターン分類、産科合併症、母体処置内容、出産体重、性別、Apger値、臍帯動脈pH、児体格、児疾患名、胎児付属物所見、産科既往歴、母体基礎疾患、母体感染症、母体使用薬剤、母体転帰、児の転帰
  3. 生殖領域(不妊治療関連)
    適応となった不妊原因、卵巣刺激または周期管理の方法、体外受精か顕微受精か、治療に用いたのが新鮮胚か凍結胚か、精子回収法と精子所見、採卵数、受精卵数、凍結杯数、移植胚数、胚移植時の発育段階、黄体期管理の方法、副作用の有無、妊娠成立の有無、確認された胎児数、出産児数、分娩様式、生産死産の別、児の所見・予後
  4. 婦人科悪性腫瘍領域(婦人科癌関連)
    疾患名、治療開始日、進行期分類(FIGO分類およびTNM分類)、組織分類、局所進展、所属リンパ節転移、遠隔転移、治療内容と手術術式、予後

4 利用する者の範囲

 主に日本産科婦人科学会がデータを利用します。
 また、日本産科婦人科学会で審査を行い、承認された臨床研究に二次利用されることがあります。その際には、二次利用先の情報は日本産科婦人科学会のホームページに掲載されますので、そちらをご参照ください。

5 研究組織

日本産科婦人科学会 理事長 藤井 知行
事務局 TEL:03-5524-6900 FAX:03-5524-6911
E-mail:nissanfu@jsog.or.jp

6 お問い合わせ

 本研究に関するご質問等がありましたら連絡先までお問合せください。また、本研究の対象になると思われる方、またはその代理人の方が「この研究課題に対して利用・提供して欲しくない」と思われた場合は、研究対象者が識別されるような診療情報の提供を停止することができます。その場合は、連絡先までお問い合わせください。
 より多くの情報を収集、解析することで、データベースの正確性が向上し、有益な知見が得られることが期待されます。今後の産婦人科医療の発展のためにも、1人でも多くの皆様のご協力をお願いいたします。

宮崎県立宮崎病院 産婦人科 医師 藤田恭之
TEL:0985-24-4181
FAX:0985-28-1881

臨床研究の実施に関するお知らせ

 宮崎県立宮崎病院産婦人科では、下記の臨床研究を実施しています。皆様には本研究の趣旨をご理解頂き、ご協力を承りますようお願い申し上げます。

研究課題名本邦における婦人科悪性腫瘍合併妊娠の調査

1. 研究代表者と研究の概要

研究代表者:
日本産科婦人科学会婦人科腫瘍委員会 京都大学教授 万代 昌紀
研究の概要:
このたび、本邦における子宮頸癌ならびに卵巣癌合併妊娠の調査を行います。本調査は、日本産科婦人科学会倫理委員会臨床研究審査小委員会の承認ならびに理事長の許可のもと、倫理指針および法令を遵守して実施しますので、ご協力をお願いいたします。
この研究を実施することによる、患者さんへの新たな負担は一切ありません。また患者さんのプライバシー保護については最善を尽くします。
本研究への協力を望まれない患者さんは、その旨を診療を受けた施設までお申し出下さいますようお願いいたします。

2. 対象となる方

 西暦2012年1月1日より2017年12月31日までの間に、妊娠中に子宮頸癌または卵巣癌と診断され、入院または通院し、診療を受けた方
 尚、子宮頸癌は微小浸潤癌以上の病変で、卵巣癌は境界悪性腫瘍以上で非上皮性悪性腫瘍を含むものを対象とする。妊娠中とは妊娠が確認されてから分娩までの期間とする。

3. 研究実施機関

 日本産科婦人科学会婦人科腫瘍委員会、研究代表者;万代昌紀(京都大学医学研究科産科学婦人科学分野)
 本邦の周産期母子医療センターならびにがん診療連携拠点病院(約500施設)

周産期母子医療センター

がん診療連携拠点病院

4. 本研究の意義、目的、方法

 本邦における子宮頸癌および卵巣癌合併妊娠の発生頻度・治療方法・その予後を調査し、悪性腫瘍とその治療が妊娠・分娩・産褥にどのように影響したかを検討します。さらに、新生児の予後についても検討します。本研究は、本邦の周産期母子医療センターならびにがん診療連携拠点病院にて診断または治療された患者の情報を日本産科婦人科学会婦人科腫瘍委員会が中心となって集め、解析します。

5. 協力をお願いする内容

 カルテから、以下に関するデータを収集させていただきます。子宮頸癌または卵巣癌合併妊娠の診療に関する診療記録、臨床検査データ(病理診断、分娩週数、手術方法、治療方法、最終生存日など)ならびに出生時に関する診療記録(出生週数、出生時体重、性別、新生児合併症など)であり、新生児も対象となっています。

6. 本研究の実施期間

症例集積期間:研究実施許可日〜2019年12月31日
研究実施期間:研究実施許可日〜2024年3月31日

7. プライバシーの保護について

 本研究で取り扱う患者さんの情報は個人情報をすべて削除し、第3者にはどなたのものか一切わからない形として、治療を行った施設から日本産科婦人科学会ホームページ上で情報登録を行います。データの通信はSSL暗号化通信で行われ、患者さんの情報は匿名化されています。また、患者さんの情報と個人情報を連結は治療を行った施設でのみ可能であり、研究事務局では患者個人の特定ができないようになっています。

8. お問い合わせ

 本研究の対象となる方またはその代理人(ご本人より本研究に関する委任を受けた方など)より、情報の利用の停止を求める旨のお申し出があった場合は、適切な措置を行いますので、その場合は診療のために受診された施設へのご連絡をお願いいたします。

施設担当者

宮崎県立宮崎病院 産婦人科 医師 谷口 秀一
TEL:0985-24-4181 (代表)
FAX:0985-28-1881


研究課題名既往帝王切開後妊娠の早期陣痛発来する患者の臨床的特徴に関する調査

1. 研究代表者と研究の概要

研究代表者

日本産科婦人科学会婦人科部長 藤田 恭之

研究の概要

 このたび、県立宮崎病院における、帝王切開既往のある妊婦さんの予定帝王切開前に早期に陣痛発来する方の臨床的特徴に関して調査を行います。本調査は、宮崎県立宮崎病院倫理委員会の許可のもと、倫理指針および法令を遵守して実施しますので、ご協力をお願いいたします。
 この研究を実施することによる、患者さんへの新たな負担は一切ありません。また患者さんのプライバシー保護については最善を尽くします。
 本研究への協力を望まれない患者さんは、当院までお申し出下さいますようお願いいたします。

2. 対象となる方

 西暦2006年1月1日より2019年12月31日までの間に、既往帝王切開後妊娠の適応で帝王切開術を受けた方を対象とします。

3. 研究実施機関

宮崎県立宮崎病院 産婦人科

4. 本研究の意義、目的、方法

 本邦における既往帝王切開後妊娠に対する帝王切開術を施行する至適妊娠週数は定まっていないのが現状です。施行する妊娠週数を遅らせれば遅らせるほど、予定帝王切開前に陣痛発来し、緊急帝王切開が必要となる頻度が上昇します。緊急帝王切開術は予定帝王切開術と比較して、母児へのリスクが高いと考えられています。しかし、施行する妊娠週数を早くすれば早くするほど、児が未成熟の可能性が高くなり、呼吸障害や低血糖等の新生児のリスクが上昇します。
 今回の調査では、予定帝王切開前に陣痛発来する頻度およびその妊婦さんの特徴を調べることにより、より適切な妊娠帰結時期を求めることを目的としています。
 方法としては過去の診療録および分娩記録を参照し、後述する情報をプライバシーに十分配慮しながら解析する予定です。

5. 協力をお願いする内容

 カルテから、以下の妊娠、分娩、新生児に関するデータを収集させていただきます。
帝王切開時の妊娠週数、分娩時年齢、妊娠分娩回数、緊急帝王切開の有無、妊娠糖尿病の有無、妊娠高血圧症の有無、気管支喘息の有無、甲状腺疾患の有無、心疾患の有無、切迫早産の有無、喫煙・飲酒の有無、生殖補助医療の有無、子宮内胎児発育遅延の有無、子宮筋腫合併の有無、早産既往の有無、妊娠中体重増加、身長、児Apgarスコア1分値、5分値、術中出血量、児の性別、NICU入院の有無、臍帯動脈結ガスpH

6. 本研究の実施期間

症例集積期間:研究実施許可日〜2020年12月31日
研究実施期間:研究実施許可日〜2025年3月31日

7. プライバシーの保護について

 本研究で取り扱う患者さんの情報は個人情報をすべて削除し、第3者にはどなたのものか一切わからない形として、ロックのついた情報管理装置で保管します。ID、生年月日、住所等の患者さんの情報はすべて匿名化されています。

8. お問い合わせ

 本研究の対象となる方またはその代理人(ご本人より本研究に関する委任を受けた方など)より、情報の利用の停止を求める旨のお申し出があった場合は、適切な措置を行いますので、その場合は当院の下記の連絡先までご連絡をお願いいたします。

施設担当者

宮崎県立宮崎病院 産婦人科 医師 仁田原 憲太
TEL:0985-24-4181 (代表)
FAX:0985-28-1881


研究課題名子宮頸部レーザー蒸散術とその後の妊娠分娩に与える影響に関する調査

1. 研究代表者と研究の概要

研究代表者

日本産科婦人科学会婦人科部長 藤田 恭之

研究の概要

このたび、県立宮崎病院における、子宮頸部レーザー蒸散術を行ったのちの妊娠・分娩に関して調査を行います。本調査は、宮崎県立宮崎病院倫理委員会の許可のもと、倫理指針および法令を遵守して実施しますので、ご協力をお願いいたします。
この研究を実施することによる、患者さんへの新たな負担は一切ありません。また患者さんのプライバシー保護については最善を尽くします。
本研究への協力を望まれない患者さんは、当院までお申し出下さいますようお願いいたします。

2. 対象となる方

西暦2012年1月1日より2019年12月31日までの間に、当院で分娩を行った方を対象とします。

3. 研究実施機関

宮崎県立宮崎病院 産婦人科

4. 本研究の意義、目的、方法

 子宮頸部レーザー蒸散術は子宮頸部異形成に対して確立した治療方法です。子宮頸部異形成という病気は妊娠・出産の時期の女性がかかりやすいことが知られており、子宮頸部異形成の治療の妊娠・出産に与える影響を調べることは重要です。子宮頸部レーザー蒸散術は、他の子宮頸部異形成の治療法 (例えば子宮頸部円錐切除術) と比較すると、流産・早産を引き起こすリスクは低いとされてきていますが、日本国内で十分な検証が行われたわけではありません。また、子宮頸部へのレーザー蒸散が分娩経過にどのような影響を与えるかといった検討はこれまで行われておりません。今検討では、当院で分娩された方を対象とし、子宮頸部レーザー蒸散術を受けた方と受けたことがない方の妊娠・分娩経過を比較することで、子宮頸部レーザー蒸散術の影響を調査することを目的としています。
 方法としては過去の診療録および妊娠・分娩記録を参照し、後述する情報をプライバシーに十分配慮しながら解析する予定です。

5. 協力をお願いする内容

 カルテから、以下の妊娠、分娩、新生児に関するデータを収集させていただきます。子宮頸部レーザー蒸散術の既往の有無、分娩時の妊娠週数、分娩時年齢、妊娠分娩回数、分娩所用時間、緊急帝王切開の有無、分娩時頸管裂傷の有無、妊娠糖尿病の有無、妊娠高血圧症の有無、絨毛膜羊膜炎の有無、分娩促進の有無、甲状腺疾患の有無、心疾患の有無、切迫早産の有無、喫煙・飲酒の有無、子宮筋腫合併の有無、身長、非妊娠時体重、児Apgarスコア1分値、5分値、分娩時出血量、NICU入院の有無、臍帯動脈結ガスpH

6. 本研究の実施期間

  • 症例集積期間:研究実施許可日〜2020年12月31日
  • 研究実施期間:研究実施許可日〜2025年3月31日

7. プライバシーの保護について

 本研究で取り扱う患者さんの情報は個人情報をすべて削除し、第3者にはどなたのものか一切わからない形として、ロックのついた情報管理装置で保管します。ID、生年月日、住所等の患者さんの情報はすべて匿名化されています。

8. お問い合わせ

 本研究の対象となる方またはその代理人(ご本人より本研究に関する委任を受けた方など)より、情報の利用の停止を求める旨のお申し出があった場合は、適切な措置を行いますので、その場合は当院の下記の連絡先までご連絡をお願いいたします。

施設担当者

宮崎県立宮崎病院 産婦人科 医師 仁田原 憲太
TEL:0985-24-4181 (代表)
FAX:0985-28-1881

お問い合わせ:電話0985-24-4181
外来診療時間一覧
FAX紹介予約について
病院へのアクセス
病院情報の公表
  • メディカルスタッフ部門
  • がん治療センター
  • 精神医療センター
  • 救急・総合診療センター
  • 県立宮崎病院動画
このページの先頭へ