宮崎県立宮崎病院

産婦人科の紹介

産婦人科の紹介


産婦人科
嶋本 富博

日本産婦人科学会専功医指導施設、地域周産期センター、日本婦人科腫瘍学会修練施設、日本周産期新生児医学会指定施設としての役割を担っています。そのため最新の最善の医療を提供するため更には次代を背負う医師を養成するための施設として日夜研鑽に努めています。現在スタッフ7人、レジデント2人の計9人で診療に従事しています。
分娩は平成26年度600例を越え、母体搬送に対しても断らないを目標にし、昨年はすべて応需できました。これもひとえに救急外来、病棟、手術室の協力の賜物と思っています。本年も昨年を上回る分娩数が見込まれ、これまで以上に新設なった新生科、手術室との連携でお応えしていきたいと思います。
悪性疾患についても毎年新規の悪性患者数は130-150例で推移しています。

子宮頸癌は2014年度38例で、手術可能な症例は根治手術である広汎子宮全摘術を行っています。輸血回避を目的に自己血貯血はもちろんのこと、悪性疾患の後遺症の一つであるリンパ浮腫に対してもリンパ菅の選択的温存、更にはリンパマッサージを導入しています。また子宮頸癌の初期前癌病変には可能な限り子宮温存手術(円錐切除術、レーザー蒸散術)を行っています。最近では上皮内がん、高度異形成の治療例が急増し年間200例を越えています。この治療の積み重ねが将来の子宮頸癌の発症の減少に寄与すればと願っています。子宮頸癌に近年若年発症化していることは周知の事実で30歳台の増加が顕著でありますが、最近は30歳台であっても進行癌のケースが多くなったように感じます。諸外国では更に広範囲のHPVウイルスもまもなく実用化レベルにきているようですが、日本での導入はまだ先のことであり現在子宮頸癌からの身を子宮を守る方法は検診が最大の方策です。行政の努力もあり徐々に検診率も上昇していますがまだ十分なレベルではありません。検診の習慣化をお願いする次第です。子宮体がんは2014年度59例でほぼ全例手術を行い、リンパ節転移症例では抗がん剤を追加しています。リンパ節転移例でも抗がん剤投与による50%を越える5年生存率を得ています。卵巣がんは2014年38例(境界悪性腫瘍を含む)で可能な限り手術摘出を目指しており、腸管浸潤で切除困難な場合は外科との連携で腸管合併切除を行っています。III期の手術症例で術後の残存病変が1cm未満に至った症例での5年生存率は約50%となっています。また初回治療時に摘出困難なことが予想される場合は術前化学療法を行い、化学療法3回施行後を目標に摘出手術を行っています。外陰癌も年に1−2例あり悪性根治手術、放射線療法で対処しています。また良性卵巣腫瘍等の対象症例に対しては低侵襲の腹腔鏡手術を積極的に行っています。

 分娩について2014年は606例で、母体搬送も92例となっています。内科、外科、精神科と共同で管理していく妊婦さんが約40%を占めていますが、新生児科と連携し、正常分娩からハイリスク分娩まで幅広く対応しております。母体搬送は原則受け入れる方針です。また開業医の先生方と緊密に連携をとっており、当科での管理が必要な患者様をご紹介いただいております。ご紹介いただいた患者様は分娩後に経過が順調であれば原則ご紹介元での管理をお願いしております。何卒ご了承ください。

宮崎県で多数の患者さんが受診され責任をひしひしと感じそのご期待に添えるよう今後も日夜研鑽してく所存です。

受診される方へ

初診の場合は、原則紹介状が必要です。かかりつけ医より紹介状を持参して来院してください。妊娠は、その限りではありません。

診療実績

分娩数

  • 2015年度 分娩数 720例(うち双胎妊娠22例)
  • 2015年度 母体搬送 128例

2015年度 手術件数 890例

婦人科
広汎性子宮全摘出術 21例
子宮体癌手術 51例
卵巣癌手術(境界悪性腫瘍を含む) 42例
外陰癌手術 1例
単純子宮全摘出術 69例
子宮筋腫核出術 15例
良性卵巣腫瘍手術 33例
腹腔鏡手術 47例
     ※腹腔鏡下子宮附属器腫瘍摘出術 31例
     ※腹腔鏡下子宮全摘出手術 5例
     ※腹腔鏡下異所性妊娠手術 8例
     ※審査腹腔鏡 3例
子宮脱手術 6例
子宮頸部円錐切除術 53例
子宮頸部レーザー蒸散術 186例
子宮内容除去術(子宮内膜全面掻爬を含む) 122例
その他 31例

 

産科
帝王切開術 207例
     ※選択的帝王切開術 101例
     ※緊急帝王切開術 106例
子宮頸管縫縮術 3例
異所性妊娠手術(腹腔鏡) 8例
異所性妊娠手術(開腹) 3例
  • 2014年度 外来化学療法 489例
  • 2014年度 入院化学療法 294例

胞状奇胎の掻爬回数と続発症頻度に関する調査研究に対するご協力のお願い

このたび、日本産科婦人科学会専門委員会小委員会(班研究)として下記の医学系研究を、日本産科婦人科学会倫理委員会臨床研究審査小委員会の承認ならびに理事長の許可のもと、倫理指針および法令を遵守して実施しますので、ご協力をお願いいたします。
この研究を実施することによる、患者さんへの新たな負担は一切ありません。また患者さんのプライバシー保護については最善を尽くします。
本研究への協力を望まれない患者さんは、その旨を診療を受けた施設までお申し出下さいますようお願いいたします。

1 対象となる方

全国で2014年1月1日から2016年12月31日までの3年間に胞状奇胎除去術を施行された患者さんが対象となります。目標症例数は2,000例で、当施設を含む全国の基幹病院(約400施設)が研究に参加します。研究の対象者となることを希望されない方又は研究対象者のご家族等の代理人の方は、その旨を診療を受けた施設までご連絡ください。

2 研究課題名

承認番号: 2017-76
研究課題名: 胞状奇胎の掻爬回数と続発症頻度に関する調査研究

3 研究実施機関

日本産科婦人科学会「胞状奇胎の掻爬回数と続発症頻度に関する調査小委員会」

  • 福岡大学医学部産婦人科 教授 宮本 新吾
  • 九州大学病院産科婦人科 助教 兼城 英輔
  • 熊本大学医学部保健学科 教授 田代 浩徳
  • 千葉大学大学院医学研究院生殖医学 講師 碓井 宏和
  • 名古屋大学大学院医療行政学 講師 山本 英子

日本産科婦人科学会腫瘍登録施設(約400施設)

4 本研究の意義、目的、方法

この研究は胞状奇胎除去術後の再掻爬が必要かを確認することを目的としたものであり,皆様の今後の診療にも役立つことができると考えています。この研究を行うことで患者さんに日常診療以外の余分な負担が生じることはありません。
研究の方法ですが、胞状奇胎除去術を受けた患者さんのカルテより、再掻爬の有無、続発症を中心とした情報を収集します。取得した研究対象者の情報を日本産科婦人科学会「胞状奇胎の掻爬回数と続発症頻度に関する調査小委員会」へ送付し、詳しい解析を行って胞状奇胎除去術後の再掻爬の有用性を検討いたします。

5 協力をお願いする内容

この研究を行うことで患者さんに日常診療以外の余分な負担が生じることはありません。
取得する情報は以下の通りです。

  1. 年齢(初回治療開始時点)
  2. 妊娠分娩歴
  3. 初回治療前血中(尿中)hCG値(mIU/ML)
  4. 初回治療年月(奇胎除去術)
  5. 初回治療時の妊娠週数
  6. 初回治療の施設(自施設 or 他施設)
  7. 初回手術手技(掻爬、吸引、両者併用、その他、不明)
  8. 病理診断(全奇胎、部分奇胎、胎児共存奇胎)
  9. 免疫染色の有無(p57kip2、TSSC3)
  10. DNA診断の有無
  11. 初回治療後一週間目の血中(尿中)hCG値(mIU/ML)
  12. 初回治療後一週間目の子宮内膜厚(㎜)
  13. 再掻爬の有無、初回治療からの日数
  14. 再掻爬の施設(自施設 or 他施設)
  15. 再掻爬の手術手技(掻爬、吸引、両者併用、その他、不明)
  16. 再掻爬の病理診断(奇胎絨毛・トロホブラストの有無)
  17. 続発症の有無
  18. 続発症ありの場合の診断
  19. 続発症の部位
  20. 手術合併症の有無、合併症あり場合の詳細

6 本研究の実施期間

2019年6月30日まで

7 プライバシーの保護について

本研究で取り扱う患者さんの情報は個人情報をすべて削除し、第3者にはどなたのものか一切わからない形で研究参加施設より調査小委員会に提供され、使用します。患者さんの情報と個人情報を連結させることはありません。

8 お問い合わせ

本研究に関する質問や確認のご依頼は、下記の研究事務局へご連絡下さい。
また本研究の対象となる方またはその代理人(ご本人より本研究に関する委任を受けた方など)より、情報の提供の停止を求める旨のお申し出があった場合は、適切な措置を行いますので、その場合は診療を受けた施設へのご連絡をお願いいたします。

施設担当者

宮崎県立宮崎病院産婦人科 谷口 秀一
TEL: 0985-24-4181
FAX: 0985-28-1881

研究事務局

九州大学病院産科婦人科 兼城 英輔
TEL: 092-642-5395
FAX: 092-642-5414
Email:kaneki@med.kyushu-u.ac.jp

日本産科婦人科学会事務局

TEL: 03-5524-6900
FAX: 03-5524-6911
Email:nissanfu@jsog.or.jp

お問い合わせ:電話0985-24-4181
外来診療時間一覧
FAX紹介予約について
病院へのアクセス
病院情報の公表
  • がん治療センター
  • 精神医療センター
  • 救急・総合診療センター
  • 県立宮崎病院動画
このページの先頭へ