宮崎県立宮崎病院

リウマチ膠原病の診療

リウマチ膠原病の診療

 医師2名で担当しています。少ない人数ですが、日本リウマチ学会リウマチ専門医、指導医、評議員、教育施設などの認定を受けています。方針決定に際しては常に根拠を追求し、患者背景に応じた過不足のない対応を心がけています。

対象疾患

 対象疾患は、関節リウマチ、リウマチ性多発筋痛症、全身性エリテマトーデス、全身性硬化症、多発性筋炎・皮膚筋炎、シェーグレン症候群、混合性結合組織病、高安動脈炎、巨細胞性動脈炎、結節性多発動脈炎、顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症、強直性脊椎炎、成人発症スチル病、ベーチェット病、などです。リウマチ性疾患、膠原病、結合組織病、全身性自己免疫疾患などの用語で総称される疾患です。
 関節リウマチの治療では、世界的標準治療において第一選択薬であるメトトレキサートから、生物学的製剤、JAK阻害薬まで使用しています。点滴静注するタイプの生物学的製剤は、初回のみ一泊二日から二泊三日の入院で投与し、2回目以降は外来化学療法室を使用して日帰りで投与しています。新しい関節リウマチ治療薬の治験に参加しています。
 重症膠原病の診療は当科に期待されている最も重要な仕事と考えています。生物学的製剤、血漿交換療法などを含めた集学的治療を行っています。

2017年度 診療実績

主な内訳 総外来患者数760名 総新患数290名
関節リウマチ 216名 48名
リウマチ性多発筋痛症 44名 22名
全身性エリテマトーデス 94名 20名
全身性硬化症 23名 5名
多発性筋炎・皮膚筋炎 36名 7名
シェーグレン症候群 22名 15名
混合性結合組織病 13名 2名
高安動脈炎 5名 2名
巨細胞性動脈炎 6名 1名
結節性多発動脈炎 2名 -名
顕微鏡的多発血管炎 25名 11名
多発血管炎性肉芽腫症 11名 2名
好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 9名 2名
ヘノッホ・シェーンライン紫斑病 2名 1名
強直性脊椎炎 4名 2名
乾癬性関節炎 8名 4名
反応性関節炎 3名 3名
SAPHO症候群 1名 1名
成人発症スチル病 10名 3名
ベーチェット病 22名 7名
IgG4関連疾患 8名 2名
多中心性キャスルマン病 4名 -名
TAFRO症候群 2名 -名
サルコイドーシス 9名 -名
  • 2017年度に生物学的製剤を投与した患者数は112名で、うち関節リウマチは75名でした。

(文責:上田尚靖)

このページの先頭へ