宮崎県立宮崎病院

リウマチ膠原病の診療

リウマチ膠原病の診療

 リウマチ・膠原病グループは、3名のスタッフを中心に、レジデント・研修医とともに、次のような疾患に対する診断および治療を行っています。

  1. 関節リウマチ、悪性関節リウマチおよび成人発症Still病
  2. 古典的膠原病:全身性エリテマトーデス(SLE)、強皮症、皮膚筋炎・多発性筋炎、混合性結合織病(MCTD)、結節性動脈周囲炎
  3. 血管炎:ANCA関連血管炎、ベーチェット病、高安動脈炎、側頭動脈炎など
  4. 膠原病関連疾患:シェーグレン症候群、リウマチ性多発筋痛症、IgG4関連疾患、再発性多発軟骨炎、抗リン脂質抗体症候群など
  5. そのほかの自己免疫疾患:強直性脊椎炎、ベーチェット病、反応性関節炎、自己炎症性症候群など

 これらの疾患診療の経験から、原因不明の発熱、関節痛などの症状の原因を明らかにするための診療も行っております。総合病院である利点を生かし、他科と連携しながら全身状態の正確な評価を行い、正確な診断および適切な治療を行っております。またそれぞれの患者に合わせた治療を行う必要もあります。

膠原病の原因と治療について

 リウマチ・膠原病の原因は、はっきりとは解明されていませんが、本来は病原体を排除するために体内に備わっている免疫というシステムが自分自身を攻撃することで発症する自己免疫疾患であると考えられています。そのため治療の中心は免疫抑制療法となります。最近では、リンパ球や炎症性サイトカインの作用を抑える生物学的製剤が次々に開発・臨床応用されており、これらの製剤により、この分野の治療は大きく変化してきています。当院でも、これらの新しい製剤を積極的に使用しておりますが、有効にかつ安全に使用できるよう、学会や論文などでの情報収集や副作用管理に気を配り、患者によりよい医療を提供できるよう心がけています。リウマチ・膠原病は全身性の疾患であり、呼吸器内科医、腎臓内科医、病理医、皮膚科医、眼科医、整形外科医など各分野の専門医とも協力しながら診療を行っております。

現在行っている治療について

患者により快適な生活を送っていただくため、患者の背景に併せ、有効性および安全性を考えた治療を選択するよう心がけております。

1. 関節リウマチ

 関節リウマチでは早期に診断し、早期に治療することにより、その後の予後を大きく変えることが分かってきました。そのため、当院でも正確な診断および最新な治療も含めた適切な治療介入を行うことを心がけております。

生物製剤 1.TNF阻害薬:インフリキシマブ(レミケード)・エタナセプト(エンブレル)・アダリムマブ(ヒュミラ)・ゴリムマブ(シンポニー)、2.IL-6阻害薬:トリシズマブ(アクテムラ)、3.T細胞阻害薬CTLA-4-Ig融合蛋白:アバタセプト(オレンシア)(当院での診療の実際参照)
抗リウマチ薬 メソトレキサート(リウマトレックス)、タクロリムス(プログラフ)、レフルノミド(アラバ)、ブシラミン(リマチル)、スルファサラジン(アザルフィジン)、ミゾリビン(ブレディニン)など
白血球除去療法(LCAP)  

2. 膠原病など

 副腎皮質ステロイド剤は大変有用な薬剤であり、膠原病治療に使用することが多いのですが、長期的な副作用も問題になることもあり、併用療法により、ステロイド減量および副作用予防も行っていきます。

  1. 副腎皮質ステロイドホルモン剤の内服およびパルス静注療法 
  2. 免疫抑制剤:シクロホスファミド(エンドキサン)大量静注療法および内服、シクロスポリン、アザチオプリン(イムラン)、タクロリムス(プログラフ)、ミゾリビン(ブレディニン)など
  3. 生物製剤 近年関節リウマチだけでなく種々の自己免疫疾患に対する生物製剤の有効性が示されている(当院での診療の実際参照)。
  4. 血漿交換療法など

紹介をお考えの先生へ

関節リウマチ

 活動性の高い関節リウマチに対しては、早期より強力な治療を行うことが、関節破壊を未然に防ぐ上で重要であることが明らかとなっています。早期のリウマチ患者さんや生物学的製剤の適応をお考えの際には、適応の判断・投与前検査・導入などを行います。また診断に苦慮する症例、治療に難渋する症例についても、お気軽に御紹介ください。

膠原病その他

 膠原病は、不明熱の原因として感染症・悪性腫瘍とならび重要な疾患です。原因不明の発熱・皮疹・関節痛・腎障害・間質性肺炎・抗核抗体高値などの所見を認める患者様、診断に苦慮する症例、治療に難渋する症例についても、ご相談ください。

 大変複雑な患者もいますが、できるだけ開業医の先生方と病診連携し、開かれた医療を心がけたいと考えております。ご遠慮なくご相談ください。

当院での診療の実際

リウマチ・膠原病外来患者の内訳(2012年3~5月)

関節リウマチ 120名
早期 21名(17.5%)
MTX使用 79名(65.8%)
生物製剤使用 44名(36.7%)
悪性関節リウマチ 2名
全身性エリテマトーデス 35名
強皮症 23名
皮膚筋炎・多発性筋炎 12名
シェーグレン症候群 14名
混合性結合組織病 5名
未分類膠原病 4名
リウマチ性多発筋痛症 7名
高安病 3名
顕微鏡的多発血管炎・肉芽腫性多発血管炎(Wegener肉芽腫症) 12名
(MPO+9名、PR3+3名)
結節性動脈炎 1名
未分類血管炎 1名
ベーチェット病 10名
成人発症Still病 3名
再発性多発軟骨炎 2名
自己免疫性肝炎 2名
原発性胆汁性肝硬変 2名
強直性脊椎炎 1名
乾癬性関節炎 3名
腸炎関連関節症 1名
未分類脊椎炎 1名
IgG4関連疾患 1名(後腹膜線維症)
キャッスルマン病 1名
家族性地中海熱 1名
線維筋痛症 1名

生物製剤使用の内訳(2009年5月~2012年5月)

関節リウマチ
関節リウマチ以外の膠原病患者に対する生物製剤使用経験【()内は継続中】
乾癬性関節炎 レミケード 3(2)
ヒュミラ 1(1)
腸炎関連関節症 レミケード 1(0)
エンブレル 1(0)
ヒュミラ 1(1)
ベーチェット病 レミケード 1(1)
ヒュミラ 1(0)
高安動脈炎 レミケード 1(1)
アクテムラ 1(1)
サルコイドーシス レミケード 1(1)
キャッスルマン病 アクテムラ 1(1)
このページの先頭へ