宮崎県立宮崎病院

呼吸器内科の紹介

呼吸器内科の紹介

県立宮崎病院内科呼吸器内科はスタッフ3名で、実際の診療はスタッフおよびスタッフの指導のもと1~2名の内科研修医と共におこなっています。少ないスタッフですが、呼吸器学会専門医、指導医、呼吸器内視鏡学会専門医、指導医、感染症学会専門医、指導医、がん薬物療法専門医、指導医、リウマチ専門医などの資格を有しております。

当院は地域がん診療連携拠点病院、3次救急医療施設であるため、当科は肺がん患者、また重症呼吸不全患者などの診療を多く行っています。気管支鏡診断、治療を得意としており、EBUS-GS法による検査や、EBUS-TBNA法などを用いた肺がん診断、難治性気胸、喀血などに対するEWS治療や気道異物除去、気道狭窄に対するステント治療などの気管支インターベンションも積極的におこなっています。

  • 肺がん診療: 肺がんに関しては、手術、放射線、化学療法など診療科の壁を越えた集学的治療が可能です。県内全域より非常に多くの患者さんをご紹介いただいております。
    • 診断: 気管支鏡による診断だけでなく、外科的生検、CTガイド生検も含めて正確な診断を行います。
      当科では、超音波気管支鏡(Endobrhonchial Ultrasonography:EBUS)を県内で最初に導入し、多くの実績を積んでいます。また多くの学会発表、セミナーでの指導を行って来ました。EBUS-GS法(ガイドシース法)を用いた正確な末梢病変の診断、またEBUS-TBNA法による縦隔リンパ節転移診断などの最新の診断検査が可能です。
       また、EGFR遺伝子変異、ALK融合遺伝子、ROS1遺伝子、PD-L1解析などをおこない、適切な分子標的治療、免疫チェックポイント療法をおこなえるよう、体制を整えています。
    • 治療: 手術になる場合は、外科にて手術療法を行いますが、術後化学療法は当科が行います。
      化学療法に関しては、組織型に基づき、またEGFR遺伝子変異、ALK融合遺伝子、ROS1遺伝子、PD-L1解析の結果に基づき、個々の患者さんに分子標的薬、免疫チェックポイント療法を含めたもっとも適切と思われる治療を提供するようにしております。
       また外来化学療法にも力を入れており、県内でもっとも多くの肺がん患者さんの外来化学療法を行っております。ライフスタイルをなるべく維持しながら治療が継続できるよう、できるだけ配慮して治療を行います。遠方の患者さんについては、安全に治療が遂行できるよう、地元の医療機関と連携して治療を行います。
  • 各種臨床試験、治験
     当科では、WJOG(西日本がん研究機構)やLOGIK(九州肺癌研究機構)、LC-SCRUMなどの臨床試験グループに参加し、あらたな治療法の開発、研究に協力しています。また、新しい薬剤を世に生み出す治験にも積極的に取り組んでいます。
     また、当科では気管支鏡検査、特にEBUS法の豊富な経験があります。患者さんから得られるデータを大事にし、各種学会発表を行う一方、新しい診断法、適切な診断方法についても常に検討を重ねています。これら臨床研究に関しては適切に説明を行い、同意をいただくようにしております。
     現在のわれわれの診療の経験を検証し、発展させ、未来につなげるのが臨床研究、臨床試験です。ぜひご協力をお願い申しあげます。
  • 気管支喘息診療:気管支喘息については、抗体製剤(Omalizumab、Mepolizumab)を用いた最新の治療が可能です。ガイドラインに基づき、吸入ステロイドを主体とした治療を推進しております。
     また、薬剤科とも密に連携し、吸入方法の勉強を一緒に行なっていただくようにしています。将来的には、地域の先生方、薬局の薬剤師の皆様と連携し、治療がうまくいくよう、患者さんを支える体制整備を進めています。
  • COPD診療: 近年増加が著しいCOPDについてもスパイロメーターの結果に基づき、ガイドラインに基づいた治療を提供しております。
  • 肺炎診療: グラム染色、尿中抗原検査などを積極的に活用し、治療を行います。また、院内アンチバイオグラムの積極的な活用、PK/PD理論に基づく抗生剤投与、TDMなどを行い、治療を行います。
  • 肺結核、抗酸菌感染症
     主に透析患者さんや、ほかに重篤な疾患を有する患者さんにおける結核診療に対応しています。
    簡易陰圧室を整備し、適切な空気感染対策を行いながら、診断治療をおこなっています。

臨床研究の実施に関するお知らせ

現在内科・呼吸器内科では、下記の臨床研究を実施しております。
この研究では、患者さんの日常診療で得られたデータ(情報)および以前にご参加いただいた下記研究のデータを利用させていただきます。
ご自身のデータがこの研究に利用されることについて、異議がある場合は、情報の利用や他の研究機関への提供をいつでも停止することができます。研究の計画や内容などについて詳しくお知りになりたい方、ご自身のデータがこの研究で利用されることについて異議のある方、その他ご質問がある方は、以下の「問い合わせ先」へご連絡ください。

研究課題名

進行再発肺腺癌におけるゲフィチニブとエルロチニブのランダム化第Ⅲ相試験のPFSとOSの追加解析 (WJOG5108LFS)

研究の目的

進行再発肺腺癌におけるゲフィチニブとエルロチニブのランダム化第Ⅲ相試験(WJOG5108L)に登録された患者さんを対象に、通常の診療で得られたデータおよび上記研究により得られたデータを収集・解析することにより、EGFR遺伝子変異陽性の患者さんのゲフィチニブ群とエルロチニブ群の全生存期間を確定します。また、治療開始時点での脳転移の有無を再調査して両群の脳転移患者さんに対する有効率に違いがあるかを検討することを目的としています。

対象となる患者さん

進行再発肺腺癌におけるゲフィチニブとエルロチニブのランダム化第Ⅲ相試験(WJOG5108L)に登録された患者さん

研究期間

当院の臨床研究倫理委員会承認日から論文投稿まで

使用させていただく診療データ

  • 生存情報
  • 治療開始時の脳転移の有無
  • 脳転移患者さんの治療効果

個人情報の取り扱いと倫理的事項

研究データは、電子メールやインターネットを通じて、又は郵送やFAX等により共同で研究を実施している他の施設へ提供することもありますが、患者さんを直接特定できる情報(お名前やカルテ番号など)を削除し匿名化しますので、当院のスタッフ以外が当院の患者さんを特定することはできません。
この研究成果は学会や学術雑誌などで発表することがありますが、その場合でも上記のとおり匿名化していますので、患者さんのプライバシーは守られます。
なお、この研究は、国の定めた指針に従い、当院の臨床研究倫理委員会の審査・承認を得て実施しています。

研究代表機関(情報管理責任者)

神戸市立医療センター中央市民病院 腫瘍内科
代表者名:片上 信之
住所:神戸市中央区港島南町2-1-1
電話:078-302-4321

研究事務局(本研究全般の窓口)

宮崎県立宮崎病院 内科
代表者名:姫路 大輔
住所:宮崎市北高松町5−30
電話:0985-24-4181

共同研究機関・研究責任者

施設名 科名 施設代表者名
神戸市立医療センター中央市民病院 腫瘍内科
呼吸器内科
片上 信之
大塚 浩二郎
倉敷中央病院 呼吸器内科 吉岡 弘鎮
兵庫県立がんセンター 呼吸器内科 里内 美弥子
九州がんセンター 呼吸器科 竹之山 光広
広島市立広島市民病院 腫瘍内科・呼吸器内科 岩本 康男
東京医科大学病院 呼吸器外科 池田 徳彦
静岡県立静岡がんセンター 呼吸器内科 高橋 利明
大阪市立総合医療センター 臨床腫瘍科 武田 晃司
大阪医科大学附属病院 第一内科(呼吸器内科) 後藤 功
名古屋市立大学病院 呼吸器内科
呼吸器外科
新実 彰男
小栗 鉄也
大阪府立成人病センター 呼吸器内科 今村 文生
名古屋医療センター 呼吸器科 坂 英雄
仙台厚生病院 呼吸器内科 菅原 俊一
四国がんセンター 呼吸器内科
胸部外科
野上 尚之
山下 素弘
近畿大学医学部附属病院 腫瘍内科 中川 和彦
大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター 肺腫瘍内科 平島 智徳
大阪市立大学医学部附属病院 呼吸器内科 川口 知哉
兵庫県立淡路医療センター 外科(肺がん) 松岡 英仁
刀根山病院 呼吸器内科 横田 総一郎
広島大学病院 呼吸器外科 岡田 守人
京都桂病院 呼吸器センター呼吸器外科
呼吸器センター呼吸器内科
寺田 泰二
西村 尚志
厚生連高岡病院 腫瘍内科 柴田 和彦
福岡大学病院 呼吸器内科 渡辺 憲太朗
飯塚病院 呼吸器内科 海老 規之
愛知県がんセンター中央病院 呼吸器内科 樋田 豊明/堀尾 芳嗣
金沢大学附属病院 心肺・総合外科 松本 勲
聖隷三方原病院 呼吸器センター外科 丹羽 宏
岐阜市民病院 呼吸器内科・腫瘍内科 澤 祥幸
帝京大学医学部附属病院 腫瘍内科 関 順彦
滋賀医科大学医学部附属病院 呼吸器外科
呼吸器内科
手塚 則明
中野 恭幸
聖マリアンナ医科大学病院 呼吸器・感染症内科 宮澤 輝臣
愛知医科大学病院 呼吸器・アレルギー内科 山口 悦郎
神鋼病院 呼吸器センター 吉松 昭和
山口宇部医療センター 内科 上岡 博
関西医科大学附属  滝井病院 第一内科 清水 俊樹
近畿大学医学部奈良病院 腫瘍内科 上田 眞也
杏林大学医学部付属病院 呼吸器外科 近藤 晴彦
熊本中央病院 呼吸器内科 牛島 淳
横浜市立市民病院 呼吸器内科
腫瘍内科
岡本 浩明
九州大学病院 呼吸器科
第二外科
中西洋一
前原 喜彦
兵庫医科大学病院 内科学呼吸器RCU科 中野 孝司
熊本大学医学部附属病院 呼吸器内科 佐伯 祥
県立宮崎病院 内科 姫路 大輔
大阪府立急性期・総合医療センター 呼吸器内科 谷尾 吉郎
和泉市立病院 腫瘍内科 佃 博
富山大学附属病院 臨床腫瘍部 菓子井 達彦
香川県立中央病院 呼吸器内科 宮脇 裕史
県立広島病院 呼吸器内科
臨床腫瘍科
篠崎 勝則
篠崎 勝則
市立吹田市民病院 外科(肺がん) 横内 秀起
熊本地域医療センター 呼吸器内科 千場 博
大分大学医学部附属病院 腫瘍内科 白尾 國昭
栃木県立がんセンター 呼吸器外科 松隈 治久
大同病院 呼吸器科・腫瘍内科 杉浦 孝彦
神戸大学医学部附属病院 呼吸器内科 立原 素子
中津市立中津市民病院 呼吸器外科 福山 康朗
旭川医科大学病院 呼吸器センター 大崎 能伸
トヨタ記念病院 呼吸器科 杉野 安輝
佐賀大学医学部附属病院 血液・呼吸器・腫瘍内科 荒金 尚子
沖縄病院 呼吸器内科
外科
仲本 敦
饒平名 知史
東海大学医学部付属病院 呼吸器内科 浅野 浩一郎
新別府病院 呼吸器内科 伊藤 和信
大阪府済生会中津病院 呼吸器内科 長谷川 吉則
このページの先頭へ