宮崎県立宮崎病院

臨床工学技士の紹介

臨床工学技士の紹介

臨床工学技士は医療機器を主に扱う医療職で、Clinical Engineer(略称:CE)が正式名称ですが、一般的にMedical Engineer(略称:ME)と呼ばれております。
当院では、平成12年4月より臨床工学技士が配属され、平成22年4月に新しく臨床工学科が設立されました。
臨床工学科では、生命維持管理装置(人工透析装置・人工呼吸器・麻酔器・人工心肺装置・補助循環装置・ペースメーカ・除細動器など)の操作および保守管理を行っており、現在8名のスタッフが透析室、ME室、手術室、心臓カテーテル検査室、ICU等に派遣され、チームの医療の一員として活躍しています。

当院の臨床工学技士業務

中央管理業務

病院内で使用するシリンジポンプ、輸液ポンプ、人工呼吸器、低圧持続吸引器などの医療機器を中央管理しております。機器はパソコンにて貸出、返却、点検履歴などを一括で管理しています。使用している機器のトラブル対応や人工呼吸器、輸液ポンプなどの日常点検を行っております。
また、定期的に看護師を対象に医療機器の学習会を行っております。

血液浄化療法業務

人工透析(HD)、持続血液透析濾過法(CHDF)、血漿交換療法(PE)
二重濾過血漿交換法(DFPP)、血漿吸着療法(PA)、直接血液灌流法(DHP)、
腹水濾過濃縮再静注法(CART)、
末梢血幹細胞採取などにも対応しています。

心臓カテーテル室業務

ポリグラフ、IVUS(血管内超音波)、IABP(大動脈内バルーンパンピング)PCPS(経皮的心肺補助法)、除細動器、体外式ペースメーカなどの医療機器の操作を行っております。
また、カテーテルアブレーション、ペースメーカ植え込み・交換、PCI、CAG等における補助業務を行っています。

手術室業務

8名のスタッフがローテーションで以下の業務を行っております。

  • 麻酔器や医療機器の保守・点検
  • 手術中の医療機器トラブル対応
  • 心臓血管外科手術における人工心肺装置の操作
  • 自己血回収装置を使用する手術における機器準備・操作
  • 硬性鏡を使用する手術における機器準備・操作
  • 恒常的ペースメーカ植え込み患者の手術の際のペースメーカ設定変更

ペースメーカ業務

恒常的ペースメーカを植え込んだ患者さんのフォローアップを目的とした「ペースメーカ外来」を毎月行っており、この外来では医師の指示のもとプログラマーを操作してペースメーカが適切に作動していることや電池寿命のチェックを行い、必要があれば設定変更を行います。

有資格と人数

資格名 人数
透析技術認定士 3名
体外循環技術認定士 2名
血液浄化専門臨床工学技士 1名
3学会合同呼吸療法認定士 2名
医療機器情報コミュニケーター(MDIC) 2名

 

臨床工学科

お問い合わせ:電話0985-24-4181
外来診療時間一覧
病院へのアクセス
病院情報の公表
  • がん治療センター
  • 精神医療センター
  • 救急・総合診療センター
  • 県立宮崎病院動画
このページの先頭へ