宮崎県立宮崎病院

病理診断科の紹介

病理診断科の紹介

病理診断科の信念


病理診断科
丸塚 浩助

 県立宮崎病院は宮崎県の中核病院のひとつで、高度先進医療を含め広範囲の医療のみならず、いわゆるアカデミック・メディカルセンターとして、様々な医療情報を県民に提供する責務を負っています。それを遂行するには精度の高い病理診断は不可欠であり、さらにup-to-dateな知見に基づく検索・追及をしていかなければなりません。更に、病理診断科においては、病理学分野のみならず、医学全般にわたる情報を取り入れ、宮崎県のすべての診療施設に還元すべく努力することが重要だと考えています。

 当院の病理診断科は、病理専門医・研修指導医2名、臨床検査技師7名(臨床検査科所属:常勤5名、非常勤2名、うち細胞検査士3名)及び事務職員2名(非常勤隔日交代制)の総勢11名で構成されています。平成30年4月より、これまで長年当科を引っ張ってくれていた島尾義也先生が異勤(鹿児島市立病院)され、新たに宮崎大学より盛口清香先生が着任されました。また、産休代替えの非常勤技師2名に加え、4月から新規採用2名(常勤1、非常勤1増員)が仲間に加わり、新生『けんみや病理』がスタートしました。5月現在、まだ落ち着かない状況ですが、皆でサポートし合い、個々で研鑽を積み、診断精度・技術の更なる向上を目指しています。

 当科のモットーであるATP「明るく(A)、楽しく(T)、ピシャ~っと!(P)」をエネルギーとして、多大な業務を遂行しています。笑顔・笑い声の絶えない明るい職場のなかにも、検体・画像の向こう側に患者さんや主治医の顔を思い描きながら、迅速で的確な診断情報提供を行うことを心懸けています。業務を行う上では,SSSR:Strictly(厳格に)、Speedy(迅速に)、Safely(安全に)Responsible(責任感をもって、信頼できる)に成せるように、機器・環境を整えることも重要と考えており、自動染色装置2台・自動免疫染色装置・LBC等ほか、各職員の使用する顕微鏡も順次最新型に更新しています。

 病理診断が担う業務範囲はほぼ全科の診療に関わっているため、すべての診療科に対応していかなければなりません。当科では、すべての症例に関してダブルチェックを行い、診断精度向上に努めており、平成26年4月より、「病理診断管理加算2」の条件以上のチェック体制で診断クオリティを高めています。しかし、広い領域を高いレベルでカバーするのは必ずしも容易ではありません。そのため、他施設へのコンサルトやそれによる情報収集、論文等の最新知見を積極的に利用し、また各学会に症例や研究内容を提示する事で病理診断における精度管理を行っています。さらに当院各診療科から学会などへの発表のサポートや他施設との共同研究等も重要な仕事と考えています。

 日本病理学会では平成27年度より専門医新研修制度が開始され、当科も宮崎大学医学部附属病院病理専門医研修プログラムの連携施設として参加しており、それ以前より専門医研修の一環として、解剖症例の提供を行っています。豊富な症例を経験することができるので、当科での専門医研修に多数参加されることを期待します。
やる気さえあれば"みっちり"鍛えて一人前にしてあげます!!

業務内容

病理解剖(剖検)

 全国的な傾向同様、解剖体数は減少の一途で、年間10症例前後を確保する程度であり、初期臨床研修・内科学会認定施設等の維持も厳しくなってきています。新専門医認定制度における病理専門医養成ために、宮崎大学も、県下の研修施設と連携・ネットワークを構築しており、当科はそれに先駆けて平成27年度より専門医前の病理専修医へ剖検症例の提供・指導を行っています。

 剖検の実施は月曜から金曜の8:30から17:30に行う事を基本としていますが、時間外にも行っています。基本的には全例CPC(Clinico-pathological conference)を行い、臨床医との協議の末、最終剖検診断を行います。CPCの日程は院内掲示版に通知し、多くの科の医師その他の出席を期待して行われますが、実際には担当医他数名に留まっているのが現状です。頻度はほぼ毎月1症例、各1時間程度で行っています。なお同カンファレンスは新臨床研修医の教育の一環ともなっており、研修医が臨床歴のプレゼンを行い、質疑応答し、各研修医にそのレポートを提出させることにしています。

組織診断

 受付件数は下記表の如く、平成29年度で約5,000件(検体数:7,000件弱、組織標本枚数:40,000枚前後)で、年々増加傾向であり、同規模の病院とほぼ同様です。病院の性格上、他施設と比較すると生検診断に対して手術材料診断件数の割合が高く、重篤度の高いものや、合併症などで複雑な病態を呈するものも多く、早急な結果を求められることも常です。また稀少症例なども多く、これらの解析における病理部門への要求度も高くなっていますが、すべての診断において2名の病理専門医によるダブルチェックを行っており、基本的には組織標本が作製された当日(受付の翌日)には報告するようにしています。特殊染色や免疫組織化学染色を要する症例はその結果を後日、追加報告という形で電子カルテに掲載するようにしています。免疫組織化学においては、可能な限り現代医療に対応できるだけの抗体を整備し、診断や病態の理解及び治療に反映できるようにしています。また、他施設で行われた病理診断に対する再評価依頼も多く、他施設と連携を取りながら、地域全体でのレベルアップも念頭において業務遂行しており、難解例では、九州管内のみならず、全国のスペシャリストへ個人的または日本病理学会を介してコンサルトすることで対応しています。

術中迅速診断

 迅速組織診断は年間300件前後行っており、1検体20分程度で診断報告を行っています。迅速組織診断を行う症例では、可能な限り細胞診断(穿刺吸引・捺印ほか)も併せて行い、精度向上に利用しています。特に、消化管や肺部分切除など機械自動吻合においては、実際の切除断端を最も正確に反映させることができると思われるステープル断端面の擦過・捺印細胞診も行っています。開胸・開腹術における胸腹水や胸腔・腹腔洗浄液の迅速細胞診にくわえ、一部の臓器・検体では迅速細胞診断も行っており、外来での乳腺穿刺吸引細胞診等において1時間以内に診断を行っています。

細胞診断

 年間約7,000検体前後で、日本臨床細胞学会認定の細胞検査士2~3名によるスクリーニング後、約20%の疑陽性・陽性症例及び乳腺や甲状腺の穿刺吸引材料や迅速細胞診は、病理専門医と細胞検査士がハイビジョンモニタのディスプレイシステムで協議し、最終報告しています。平成30年度からは検査技師全員の参加のもと、討論・最終診断を行い、診断基準・診断レベルの統一化、症例の共有を図っており、細胞検査士資格取得前のトレーニングにもなっています。標本作製のほとんどは、 Liquid-based cytology(LBC、BD社)法を導入し、免疫細胞化学へも応用しています。また、気管支鏡検査やCTガイド下生検ではRapid On-Site cytological Evaluation: ROSEを行っている。これは目的組織採取確認のための検査でもあり、複数回の検査、ファイバー挿入による患者負担軽減に貢献しているとともに、近年増加している遺伝子検索のサンプリングも同時に行っています。

年度 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
組織診受付数 4,163 4,422 4,187 4,723 5,108 5,006 4,952
組織診検体数 5,585 5,841 5,574 6,385 6,943 6,784 6,657
ブロック数 15,318 15,887 12,343 13,882 14,625 14,697 14,471
組織スライド数 37,082 32,668 30,062 33,838 40,247 38,692 38,979
免疫染色枚数 4,117 3,504 4,290 5,204 6,563 6,064 6,052
術中迅速件数 251 246 250 265 292 314 305
細胞診受付数 6,138 6,417 5,910 6,214 6,596 6,629 6,263
細胞診検体数 6,637 6,839 5,205 6,546 6,973 7,047 6,746
細胞診スライド数 12,122 9,854 8,590 8,983 9,791 9,936 9,767
病理解剖症例数 11 12 7 10 8 13 7

臨床各科との症例検討会

 当科においては診療各科及び主治医との情報交換・症例検討を重視しています。毎週、外科・放射線科・病理カンファレンス(術前・術後カンファレンス)に出席し臨床での問題点を理解し、病理像の特異点・問題点の臨床サイドへの還元を行っています。婦人科病理カンファレンス(週1回)、泌尿器病理・乳腺病理カンファレンス(隔週)及び腎生検カンファレンス(適時)では病理診断科にて、電子カルテ及び顕微鏡画像を提示しながら行っています。その他の領域においても主治医との協議は随時行っています。また、できる限り多くの病理情報を電子カルテ上に展開することを心がけており、手術標本は全例において全体像や割面像、組織標本採取部位、必要症例では病変の広がり(マッピング図)を公開しています。これらを用いて、臨床各科も内視鏡や画像診断レビューができると認識しています。一部の症例では細胞像や組織像も掲載しており、これらを患者・家族への説明にも利用してもらえるように配慮しています。また、他施設検体や腎生検での蛍光顕微鏡画像においては、平成26年度導入のバーチャルスライドシステムを用い、デジタル画像として永年的に活用出来るようにしています。将来的には、全ての症例において、診断根拠となる病理組織・細胞画像をバーチャルスライド化し、電子カルテと連携出来るようにする予定です。このシステムにより病理部門においてもこれらの画像を迅速に活用でき、細胞診及び組織診断の相互の精度管理や癌再発の診断にも利用することが可能となると考えています。

  • 剖検所見会(CPC)(不定期、月1回程度)
  • 外科手術症例カンファレンス(毎週火曜日17:30~)
  • 婦人科病理カンファレンス(毎週水曜日17:00~)
  • 呼吸器合同カンファレンス(毎週木曜日17:30~)
  • 泌尿器病理カンファレンス(隔週木曜日16:00~)
  • 乳腺カンファレンス(隔週金曜日16:30~)
  • 皮膚病理カンファレンス(隔週金曜日17:00~)
  • 腎生検カンファンレス(不定期)

個別項目

学会活動

  • 日本病理学会・国際病理アカデミー・日本癌学会・日本血液学会
  • 日本リンパ網内系学会・日本血液病理研究会・日本臨床細胞学会
  • 国際細胞学会・日本臨床細胞学会九州連合会・日本血栓止血学会
  • 国際血栓止血学会・日本血管生物医学会・日本ヒト細胞学会
  • 日本臨床衛生検査技師会・宮崎県臨床検査技師会

認定資格

  • 日本病理学会認定施設(7014)
  • 日本病理学会認定病理専門医・専門医研修指導医
  • 日本臨床細胞学会認定施設・日本臨床細胞学会認定細胞診専門医
  • 日本臨床細胞学会認定細胞検査士・国際細胞学会認定国際細胞検査士

病理診断科

お問い合わせ:電話0985-24-4181
外来診療時間一覧
病院へのアクセス
病院情報の公表
  • がん治療センター
  • 精神医療センター
  • 救急・総合診療センター
  • 県立宮崎病院動画
このページの先頭へ