宮崎県立宮崎病院

麻酔科の紹介

麻酔科の紹介


麻酔科
莫根 正

 現在、部長1名(麻酔指導医)・医長3名(麻酔指導医)・副医長2名(麻酔認定医)と卒後臨床研修医とで、手術室の麻酔を行っている。2010年度麻酔科管理症例は2942例である。

 麻酔は積極的に硬膜外麻酔を行い、必要ならこれに全身麻酔を併用する。術後は硬膜外カテーテル(PCEAなど)または静注-PCAなどを利用し、術後鎮痛を行っている。2007年よりレミフェンタニルを導入し、完全静脈麻酔(TIVA)の割合が徐々に増加している。2010年のスガマデックス導入で、筋弛緩薬(ロクロニウム)の完全な拮抗が可能になった。モニターは、パルスオキシメーターを1986年に採用して以来、カプノグラフィー、麻酔薬濃度測定装置、12誘導心電図、筋弛緩モニター、多誘導心電計、混合静脈血酸素飽和度測定装置、頭蓋内酸素飽和度測定装置、持続心拍出量測定装置、BISモニター、経食道心エコーなどを使用し、より快適で安全な麻酔を目指している。
 当院でも高齢患者・合併症を持つ患者は増えているが(65歳以上の患者が約38%)、他科との連携が円滑で、急患手術においても術前評価・管理を集学的に行っている。宮崎県の中核病院という性格から急患が多く、時間外手術も多い。これに対しては、365日24時間オンコール体制を敷いて、迅速な対応をしている。

診療科 麻酔件数
予定手術 緊急手術 合計
2357 585 2942
外科 584 139 723
心臓血管外科 189 98 287
脳神経外科 84 19 103
整形外科 432 175 607
産婦人科 328 76 404
皮膚科 27 2 29
泌尿器科 194 18 212
耳鼻咽喉科 394 33 427
眼科 23 12 35
歯科口腔外科 88 8 96
内科 14 5 19

麻酔法分類

麻酔法 麻酔件数
2942
全身麻酔(吸入麻酔) 1246
全身麻酔(TIVA) 474
全身麻酔(吸入麻酔)+局所麻酔 395
全身麻酔(TIVA)+局所麻酔 205
脊硬麻(CSEA) 318
硬膜外麻酔 75
脊髄くも膜下麻酔 219
伝達麻酔 8
その他 1
上記以外 1

手術部位別分類

麻酔法 麻酔件数
脳神経・脳血管  
2942
開頭 20
胸腔・縦隔 53
開胸・縦隔 2
心蔵・血管 101
心蔵・大血管 67
胸腔+腹部 185
開胸+開腹 1
上腹部内蔵 0
開腹(上腹部) 75
下腹部内蔵 191
開腹(下腹部) 139
帝王切開 388
頭頸部・咽喉頭 106
胸壁・腹壁・会陰 582
脊椎 363
股関節・四肢(含:末梢血管) 154
検査1 手術室内 483
検査2 手術室外 3
その他 0
上記以外 2

概要

 当麻酔科は、昭和50年4月に本松研一元院長が宇野武司医師と二人で、宮崎県初の麻酔科として誕生した。
 昭和52年4月の宮崎医科大学麻酔科開設に伴い、麻酔科長は菊田勇(昭和52年4月~昭和53年6月:菊田整形外科開業)、上原康一(昭和53年7月~昭和54年8月)、竹原好文(昭和54年9月~昭和55年9月)、新木正剛(昭和55年10月~昭和56年9月:新木医院開業)、小野洋一(昭和56年10月~昭和57年9月:潤和会記念病院麻酔科)、木村剛彦(昭和57年10月~昭和58年9月)、長田直人(昭和58年10月~昭和60年2月:宮崎大学医学部地域医療講座教授)、小野洋一(昭和60年3月~昭和61年3月)上原康一(昭和61年4月~平成22年3月)、莫根 正(平成22年4月~)と交代し現在に至っている。
 この間、麻酔科研修医・外科系ローテーター・自治医大卒業生を含めて100名以上が勤務している。現在は、卒後臨床研修医の教育も行っている。1984年1月9日付けで麻酔指導病院の認定を受けた。当初、手術台は2台であったのが現在6台に増え、当該科手術台午後1台を加えて、麻酔科管理台は午前午後5台で対応している。

作成: 麻酔科部長 莫根 正

麻酔科

お問い合わせ:電話0985-24-4181
外来診療時間一覧
病院へのアクセス
病院情報の公表
  • がん治療センター
  • 精神医療センター
  • 救急・総合診療センター
  • 県立宮崎病院動画
このページの先頭へ