宮崎県立宮崎病院

患者さまの権利と責務

患者さまの権利と責務

県立宮崎病院は、医療の中心は患者さまであることを深く認識し、一人ひとりの患者さまに次のような権利と責務があることを宣言します。

最善の医療を公平に受ける権利

社会的身分、人種、信条、宗教等を問わず、最善で安全な医療を受ける権利があります。

個人の尊重とプライバシーの保護を受ける権利

個人として常にその人格を尊重され、その情報を他人に開示されない権利があります。

情報提供や説明を受ける権利

病気、検査、治療、見通しなどについて必要な情報や納得できる説明を得る権利があります。また、他の医師の意見(セカンドオピニオン)を聞きたいという希望は尊重されます。

自己決定や拒否する権利

情報提供や説明を得たうえで自己の自由な意思に基づき医療を受け、あるいは選択し、拒否する権利があります。また、拒否した場合も不利益を被ることなく医療を続けられる権利があります。

患者さまの責務

病院の医療活動に対して、「すべての患者さまが適切な医療をうけられるようにする」ために協力し、支障を与えないようにご配慮ください。
心身の健康状態、病状の変化や問題、その他必要な情報を担当者に伝え、医療者の情報提供や説明が理解または同意できないときはお申し出ください。

このページの先頭へ