宮崎県立宮崎病院

院内感染対策指針

院内感染対策指針

1. 院内感染対策に関する基本的な考え方

 宮崎県立宮崎病院(当院)は院内感染を防止し、安全な医療の提供および医療の質の向上に寄与し、患者本位の医療を実現する。これらを実現するために、以下に掲げる院内感染対策に関する基本的事項を実践する。また、院内感染対策マニュアルを作成し、職員ひとりひとりがマニュアルの遵守を徹底し、院内感染防止を推進する。

2. 院内感染対策のための委員会その他の組織に関する基本的事項

 当院における院内感染対策に関する意志決定機関として、病院長を委員長とする院内感染対策委員会(感染委員会)を設置し、定例会議を毎月1回開催し、感染に関する事項を検討する。
 院内感染に関する実践的な活動を担う組織として感染対策チーム(ICT)を設置し、感染に関する一般的な事項を執行させる。ICTは感染委員会の方針に基づいて行うが、具体的な事項に関してはICT委員会の議を得て執行する。
 感染委員会およびICTに関する設置要綱は別に設ける。

3. 院内感染対策のための職員に対する研修に関する基本方針

 感染委員会は院内の研修会・講習会を年2回以上開催する。研修会・講習会は全職員対象としたものを原則とするが、必要に応じて、各部署代表や特定の部署の職員を対象にした研修会・講習会を開催する。
また、院外の院内感染対策を目的とした研修会、講演会、協議会等への出席を促す。
 研修会、講習会等に出席できない職員に対しては、電子掲示板を通じて伝達報告する。

4. 感染症の発生状況の報告に関する基本方針

 当院におけるMRSAをはじめとする耐性菌の検出状況については、毎週ICTに報告する。また、電子掲示板を通じて全職員に情報が共有できるように努める。
毎月開催される感染委員会およびICT委員会に、MRSAをはじめとする耐性菌の検出状況および重大な感染症の発生状況を報告する。

5. 院内感染発生時の対応に関する基本方針

 集団院内感染が発生した場合、報告を受けた各部署の責任者はICTに報告する。ICTは、必要に応じて、臨時のICT委員会もしくは感染委員会を開催し、関連部署と協力して速やかに感染拡大防止に努める。
 必要に応じて患者や家族への事実説明を行うとともに、保健所等の関係機関・病院局への相談・報告を行う。

6. 患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針

 広く患者等へ当院の感染対策に対する考え方を周知するために、本指針を当院のホームページに掲載し、公開する。

7. 院内感染対策推進のために必要なその他の基本方針

 各職員が知っておくべき院内感染対策の具体的な実施法に関しては別にマニュアルを作成するとともに、感染対策の推進のために必要な改善策を図る。また、必要に応じて見直しを行う。
 感染委員会において作成されたマニュアルは、各部署に配布するか若しくは電子掲示板を通じて、職員に周知を徹底する。
 全職員はマニュアル等を閲覧し、マニュアルに基づいて感染対策を実施する。

(附則)
この指針は、平成20年11月1日から施行する。

このページの先頭へ