宮崎県立宮崎病院

7階西病棟(小児医療センター)

7階西病棟(小児医療センター)

  • ベッド数: 50床
    小児科・小児外科・耳鼻咽喉科・泌尿器科・皮膚科・整形外科・脳神経外科・婦人科・眼科・歯科口腔外科・神経内科の全科
  • スタッフ: 看護師23人 保育士1名 ナースエイド4名 クラーク1名

看護概要

 0歳から15歳までのいろいろな病気の子ども達が入院しています。手術のための短期入院から数ヶ月の長期入院の子ども達が一緒に治療を受けています。
子ども達やご家族が安心して入院生活を送って頂けるように、子どもの発達に合わせ、個別性のある心のこもった看護の提供を心掛けています。

 子ども達が検査や手術の事を理解して、自ら頑張ろうと治療に望めるように、看護師と保育士で協働し、わかりやすい言葉での説明を行っています。

プレパレーション:紙芝居
プレパレーション:紙芝居
検査の説明
検査の説明

 長期入院の子ども達はご希望があれば県立赤江まつばら支援学級の訪問学級に転校して勉強が続けられます。

看護師長から患者さまとご家族の皆さまへ

 私たちは安心して治療をお受けいただけるように、お子様とご家族の思いを受けとめ、笑顔で安心と信頼される看護を提供してまいりたいと思います。平均在院日数7日と短期の入院がほとんどです。入院を機会に退院後に子どもたちが健康に育まれますよう、退院後の生活も見据え看護を提供してまいりたいと考えます。

ココがいちばん

 7階エレベーターを降りると小児医療センターです。
 季節感と安心できる病棟環境づくりに取り組んでいます。

エレベーターホール
エレベーターホール
処置室
処置室

 子ども達の成長が、良好に育まれますように遊びや季節行事なども計画しています。

お願い

 小児病棟は感染症のお子様、また免疫力の低下したお子様が入院しております。そのため小学生以下のお子様の面会を制限させて頂いておりますのでご理解下さい。

このページの先頭へ