宮崎県立宮崎病院

NICU・新生児センター(小児医療センター)

NICU・新生児センター(小児医療センター)

  • ベッド数: 12床
  • スタッフ: 助産師・看護師17名

看護概要

 新生児センターでは医師や看護師で小さな生命を守り育てるために、24時間体制で入院を受け入れています。
 赤ちゃんの成長・発達を妨げないよう、ディベロップメンタルケアを取り入れ看護しています。また、お父さんやお母さんには、入院して早い時期からタッチングや抱っこなどしてもらっています。
 赤ちゃんの状態が安定したら、オムツ交換、沐浴、授乳などの育児練習を行い、安心して退院を迎えられるようにお手伝いしていきたいと思います。

看護師長から患者さまとご家族の皆さまへ

 生まれてすぐの赤ちゃんが入院されることは、心配でとてもつらいこととお察し致します。
 入院中わからないことや不安なことがありましたら、ご遠慮なくお話し下さい。

ココがいちばん

ディベロップメンタルケア

 赤ちゃんは大きな音や光、急に触られることに対しストレスを感じています。私達は照度や話し声、赤ちゃんに触れる前の声かけなど常に気を付けています。
 また保育器の中では、体を丸く包み、ママのお腹と似た環境づくりを行っています。

授乳

 赤ちゃんがお口からミルクを飲めるようになったら、お母さんやお父さんがミルクをあげられるように練習をしたり、おっぱいもあげてみます。
 お乳のトラブル時には、助産師によるケアや産褥外来など連携をとっています。

おふろ

 退院前にお母さんとお父さんと一緒におふろの練習をします。

育児ノート

 赤ちゃんの体重や1日の様子をその日の担当看護師が記入してい ます。
 入院中の赤ちゃんの様子を少しでもお伝えし、安心して頂だけれ ばと思っています。

退院後

 退院して1週間ごろに受持ちの看護師が電話訪問しています。

このページの先頭へ