宮崎県立宮崎病院

9階東病棟(内科)

9階東病棟(内科)

  • ベッド数46床
  • スタッフ: 看護師24名、ナースエイド4名、クラーク1名

治療・業務内容

9階東病棟(内科)

 内科・呼吸器内科・リウマチ膠原病内科・感染症内科・腎臓内科・糖尿病内科の患者様を中心に検査、治療を行う病棟です。呼吸器内科やリウマチ膠原病内科では、オプジーボやキイトルーダ、オレンシア、レミケード等、最先端の化学療法や生物学的製剤を実施し、患者様に安心安全な治療を提供できるよう多職種でサポートしております。また、当院は宮崎県におけるHIV/AIDS中核拠点病院、第一種(1床)および第二種感染症指定医療機関(6床)となっております。後天性免疫不全症候群、輸入感染症および県内では遭遇することが多い人獣共通感染症(SFTS等)などの専門性を有する感染症の治療や看護を行っております。腎臓内科・糖尿病内科は、透析導入や血糖コントロールの治療と並行し、患者様の生活に視点を置き安心して自宅療養に移行できるよう内服指導や栄養指導、生活指導を行っております。

看護師長から患者さまとご家族の皆さまへ

 私たちは患者さまやそのご家族を中心に、心のこもった温かいチーム医療を実践できるよう、日頃よりコミュニケーションを大切にしています。心にも体にも手当ができる思いやりのある関わりを心がけています。

ココがいちばん

『県民の医療を守る』という使命のもと、医師、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、連携科等、多職種とチームを組み、ともに悩み、笑い、時には涙する熱いメンバーで頑張っています。そして、窓から眺める鰐塚山の四季折々の景色は気持ちを和ませ、治療への勇気を与えてくれるようです。

このページの先頭へ