宮崎県立宮崎病院

緩和ケアチーム

緩和ケアチーム

当院には緩和ケアチームがあります

 当院には、医師・薬剤師・栄養士・理学療法士・言語療法士・看護師・臨床心理士等で構成された緩和ケアチームがあります。                                              患者さんのからだや心のさまざまな苦痛を取り除き、QOL(Quality of life =ひとりがより人間らしく生きていくこと)を高めていく医療を「緩和ケア」といいます。つまり緩和ケアは、患者さんが感じるがんの痛み(身体的な痛み)だけでなく、これに絡み合う複雑な痛み(トータルペイン=全人的な痛み)を軽減させる治療であるといえます。緩和ケアはがんの治療と平行して行われ、治療がつらくないように、がんと付き合っていくための方法を提供するものでもあります。今後、多くの方が、緩和ケアに対する理解を深め、緩和ケアの“輪”が広がることを願っています。

緩和ケアチームの主な活動内容

  1. 病棟ラウンド
    医師・薬剤師・栄養士・理学療法士・言語療法士・看護師・臨床心理士などが痛みやその他のつらい症状のある患者様のもとに訪れ、症状が軽くなる方法を考えます。
    毎月 毎週木曜日 15時~16時
  2. 緩和ケア外来
    毎月 第1~4木曜日(第5週休診)当院通院中の患者・
    主治医を通して予約が必要です。
  3. ほっとスープの提供
    玄米と昆布と梅で作ったやさしい味のスープです。
    毎月 第2・第4火曜日 15時~
  4. 外来患者様相談室...
    どなたでもお気軽にご相談ください。
    毎週 月曜日 10時~12時

聞かせてください....あなたのことを....
話してください....あなたが今、感じていることを....
ひとりで悩まないで....緩和ケアチームはいつもあなたの側にいます

緩和ケアリソースナースの主な活動

会議院内における緩和ケアの拡大・緩和ケアの実践を目的に活動しています。

  1. 緩和ケア教室(患者・家族向け)の企画・運営
  2. 機関誌の発行
  3. 緩和ケアマニュアルの整備
  4. 研修会の開催や症例検討会の実施
    各部署に緩和ケアリソースナース(もしくは連絡員)が配属されています。
    緩和ケアチームとの連絡調整役となりますのでお気軽にご相談下さい。
このページの先頭へ