宮崎県立宮崎病院

病院からのお知らせ

10連休における当院の医療提供体制について

更新日:2019年4月15日

 天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律(平成30年法律第99号)が公布・施行されたことに伴う、本年4月27日から5月6日までの10連休における、当院の医療提供体制は以下の予定となっていますので、お知らせします。

1 外来の予定

 一般外来は休診し、再診患者の予約診療を4月30日(火)、5月2日(木)のみ行います。このため、救急以外の患者様は、地域の在宅当番医を受診していただくようお願いします。

※ 当院は、地域の医療機関相互の機能分担及び連携を推進しており、地域の医療機関からの紹介状をお持ちの患者様を対象とした医療提供を行っています。
※ 本県では、休日に病気になったときに、安心して医療機関を受診できるよう「在宅当番医」の体制がとられています。その情報は、「みやざき医療ナビ」や新聞などで確認できます。

2 救急医療提供体制

24時間の受入を行います。

※ 救急医療は、緊急性の高い患者様を受け入れるためのものです。
 休日や夜間において、軽症患者の救急医療受診が増加し、緊急性の高い患者様の治療に支障を来すケースが発生しております。
 また、救急出勤件数が増加しており、真に緊急を要する方への対応が遅れ、救命率に影響が出るおそれもあります。
 必要な方が安心して医療が受けられるよう県民の皆様の御協力をお願いします。

3 その他

 事前に「かかりつけ医」を受診して薬をもらうなど、連休中の不要不急の受診を控える取組への御協力をよろしくお願いします。

このページの先頭へ