宮崎県立宮崎病院

病院情報の公表

平成29年度 宮崎県立宮崎病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

1. 年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1506 349 350 468 711 820 1768 1716 1252 226
60歳代の患者さんの割合が全体の19.3%、次いで70歳代の患者さんの割合が全体の18.7%、
10歳未満の患者さんの割合が全体の16.4%となっています。

2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 129 2.57 3.59 0.00% 69.58  
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 57 19.16 16.48 0.00% 63.72  
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2-なし 56 11.30 17.16 7.14% 55.61  
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 52 16.98 11.99 0.00% 67.02  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2-なし 28 22.96 19.65 17.86% 72.89  
肺がんの検査目的の患者さんが一番多くなっています。
次に悪性リンパ腫で化学療法を行った患者さん、自己免疫性疾患の患者さん、肺がんで化学療法を行った患者さん、間質性肺炎の患者さんとなっています。
自己免疫性疾患の治療において、当院の平均在院日数は全国の平均在院日数に比べて短くなっています。
肺がんの患者さんの平均年齢は65歳以上となっています。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 144 3.59 3.03 2.08% 68.07  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 42 10.19 4.62 2.38% 68.76  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1-なし、1,3あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 35 10.77 11.21 2.86% 77.03  
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 28 14.93 12.72 7.14% 67.79  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 21 20.00 17.71 19.05% 80.71  
狭心症の心臓カテーテル検査目的の患者さんが一番多くなっています。
次に狭心症で冠動脈ステント留置術を行った患者さん、不整脈のペースメーカー移植術を行った患者さん、急性心筋梗塞で冠動脈ステント留置術を行った患者さん、心不全の患者さんとなっています。
どの症例についても平均年齢が65歳以上となっています。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 104 6.13 5.94 0.00% 1.56  
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2-なし 副傷病なし 102 6.25 6.32 0.00% 2.24  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2-なし 70 3.50 5.50 0.00% 3.71  
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 64 5.73 5.70 0.00% 2.52  
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2-なし 59 3.42 3.91 0.00% 1.97  
急性気管支炎、ウイルス性気管支炎の患者さんが一番多くなっています。
次に喘息の患者さん、ウイルス性腸炎の患者さん、肺炎の患者さん、熱性けいれんの患者さんとなっています。
5歳未満の患者さんが多く、ウイルス感染症を伴う症例が多く見られます。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2-なし 90 13.23 12.35 3.33% 70.12  
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2-なし 81 6.36 6.37 1.23% 59.17  
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2-なし 81 11.79 10.15 3.70% 58.93  
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 68 3.91 4.49 0.00% 52.50  
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2-なし 59 16.51 11.45 1.69% 61.59  
肺がんで胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術を行った患者さんが一番多くなっています。
次に乳がんで乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除)を行った患者さん、乳がんで乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除)を行った患者さん、乳がんで化学療法を行った患者さんが多くなっています。
様々な症例に対して手術を行っておりますが、特に肺がん、乳がんの手術目的で入院される患者さんが多く見られます。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 117 24.29 27.09 87.18% 81.20  
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 46 26.39 23.14 45.65% 66.59  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 39 27.15 25.09 56.41% 73.23  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 37 7.68 5.21 5.41% 29.54  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 30 14.63 19.94 93.33% 76.70  
大腿骨頚部・転子部骨折で骨折観血的手術(大腿)や人工骨頭挿入術(股)を行っている患者さんが一番多くなっています。
次に変形性股関節症で人工関節置換術を行った患者さん、変形性膝関節症で人工関節置換術を行った患者さん、前腕骨折の患者さん、胸椎・腰椎の圧迫骨折の患者さんとなっています。
股関節の骨折の患者さんの平均年齢は81.20歳となっており、高齢の患者さんが多く見られます。
転院率も高く、手術後に他医療機関でのリハビリ等を行っています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 17 14.71 19.10 58.82% 68.94  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 16 9.06 7.34 6.25% 52.94  
160100xx99x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病あり 12 20.83 21.48 58.33% 72.67  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 9.68  
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2-なし 副傷病なし 11.75  
脳出血の患者さんが一番多くなっています。
次に外傷性くも膜下出血や急性硬膜下血腫の患者さん、外傷性慢性硬膜下血腫で慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術を行った患者さんとなっています。
頭部外傷に伴う疾患が多く見られます。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 41 27.27 23.93 14.63% 68.78  
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 28 26.04 28.04 35.71% 63.75  
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2-なし 23 11.43 12.51 13.04% 78.57  
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2-1あり 18 23.78 21.40 16.67% 71.17  
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 12 6.33 3.20 0.00% 58.25  
大動脈弁閉鎖不全症や僧帽弁閉鎖不全症等の弁膜症で弁置換術等を行っている患者さんが一番多くなっています。
次に急性大動脈解離で大動脈瘤切除術を行った患者さん、腹部大動脈瘤でステントグラフト内挿術や大動脈瘤切除術を行った患者さん、下肢静脈瘤で下肢静脈瘤血管内焼灼術を行った患者さんとなっています。
心臓や大血管の手術も多く行われています。

小児外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 20 5.40 5.56 0.00% 11.10  
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 20 3.15 3.26 0.00% 1.40  
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 14 3.29 8.33 0.00% 3.93  
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 9.88  
11022xxx02xxxx 男性生殖器疾患 陰嚢水腫手術等 4.82  
急性虫垂炎で腹腔鏡下虫垂切除術を行っている患者さんが一番多くなっています。
次に停留精巣で停留精巣固定術を行った患者さん、臍ヘルニアでヘルニア手術を行った患者さんが多くなっています。
小児の手術は虫垂炎やヘルニアの手術が多く行われています。
平均在院日数は全国平均よりも短くなっています。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮筋腫摘出(核出)術 腟式等 手術・処置等2-なし 125 2.00 3.25 0.00% 33.73  
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 121 2.51 6.18 0.00% 59.14  
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2-なし 73 13.14 12.94 0.00% 53.66  
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 64 4.92 4.98 0.00% 62.83  
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-5あり 副傷病なし 41 5.54 4.75 0.00% 66.44  
子宮頚部異形成でレーザー照射治療を行っている患者さんが一番多くなっています。
次に、新生児の低血糖や黄疸の治療を行った患者さん、子宮頸部・子宮体がんで子宮悪性腫瘍手術を行った患者さん、子宮頸部・子宮体がんで化学療法を行った患者さん、卵巣がんで化学療法を行った患者さんが多くなっています。

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 132 8.24 8.01 0.00% 19.40  
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 39 6.23 7.23 0.00% 55.08  
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 25 8.04 5.48 0.00% 53.60  
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 22 4.82 5.48 0.00% 42.09  
030440xx02xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓膜形成手術 20 3.35 3.75 0.00% 33.60  
慢性扁桃炎で口蓋扁桃手術(摘出)を行った患者さんが多くなっています。
次に慢性副鼻腔炎で手術を行った患者さん、耳下腺良性腫瘍で手術を行った患者さん、扁桃炎の患者さん、化膿性中耳炎で鼓膜形成術を行った患者さんとなっています。
慢性扁桃炎で手術を行った患者さんの平均年齢は19.40歳であり、若年の患者さんが多く見られます。

神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 29 17.03 16.95 13.79% 66.55  
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 22 5.23 6.32 13.64% 61.50  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 18 15.39 16.38 38.89% 64.89  
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 11 20.27 16.51 45.45% 75.18  
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 11 12.09 9.99 0.00% 46.82  
慢性炎症性脱髄性多発神経炎やニューロパチーの患者さんが一番多くなっています。
次にてんかんの患者さん、脳梗塞でエダラボンによる治療やリハビリを行った患者さん、髄膜炎の患者さんとなっています。
脳梗塞の治療後に他医療機関でリハビリを行う患者さんが多く見られます。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 22 11.64 11.73 18.18% 68.45  
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1-なし 10 14.30 10.89 0.00% 62.90  
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1-なし 10 5.30 4.14 0.00% 39.70  
100100xx97x0xx 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2-なし 25.98  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2-なし 8.50  
蜂巣炎の治療を行った患者さんが一番多くなっています。
次に薬疹の患者さん、皮膚の良性腫瘍で腫瘍摘出術を行った患者さんとなっています。
皮膚の悪性腫瘍や良性腫瘍の摘出術を行っています。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 60 7.72 7.64 0.00% 75.25  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1-なし 副傷病なし 41 8.24 5.75 4.88% 67.32  
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 30 10.33 7.31 3.33% 76.73  
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症 経皮的腎(腎盂)瘻造設術等 副傷病なし 19 9.74 14.59 5.26% 75.79  
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 18 11.61 11.31 0.00% 73.28  
膀胱がんで膀胱悪性腫瘍手術と化学療法を行っている患者さんが多くなっています。
次に腎結石や尿管結石で結石除去術(レーザーによるもの)を行った患者さん、膀胱がんで膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的)を行った患者さん、腎盂腎炎で治療を行った患者さん、膀胱がんで化学療法を行った患者さんとなっています。
どの疾患も平均年齢は高くなっています。

救命救急科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 53 3.25 7.34 11.32% 54.45  
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2-なし 副傷病なし 44 1.75 3.58 2.27% 49.48  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 30 3.27 9.68 16.67% 60.40  
160400xx99x0xx 胸郭・横隔膜損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 22 3.55 8.86 36.36% 63.14  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 21 9.19 20.83 61.90% 82.29  
頭部打撲に伴う脳振盪や外傷性くも膜下出血等の頭部の外傷の患者さんが多くなっています。
急性薬物中毒の患者さん、肋骨骨折や胸部打撲等の胸部外傷の患者さん、誤嚥性肺炎の患者さんとなっています。
救命救急科では時間に係わらず、様々な疾患や年齢の患者さんに対応しています。

新生児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 17 8.24 6.18 0.00% 0.00  
140010x299x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2-2あり 11 29.91 27.18 0.00% 0.00  
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 11 19.91 11.49 0.00% 0.00  
14031xx19900xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 8.67  
140010x299x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2-1あり 23.51  
新生児の呼吸障害や嘔吐症の患者さんが一番多くなっています。
次に低出生体重児でシナジスでの治療を行った患者さん、先天性心疾患の患者さんとなっています。
新生児の様々な疾患に対応しています。

3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13 20 14 1 7
大腸癌 26 15 51 15 12 1 7
乳癌 103 90 38 13 86 40 1 7
肺癌 49 19 18 43 132 73 1 7
肝癌 31 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

乳がんの患者さんが一番多くなっています。
次に肺がん、大腸がんとなっています。
乳がん、肺がんともにステージ初期の患者さんが多く見られます。

4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 6.50 48.90
中等症 42 13.14 68.36
重症 19 16.21 77.11
超重症
不明
中等症の患者さんが全体の約53%を占めています。
やはり高齢の患者さんが重症化しやすいことが見て取れます。

5. 脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 97 19.15 75.28 45.37%
その他 11 16.27 76.09 3.70%
当院は急性期医療を担っており、3日以内発症の急性期の患者さんが多く受診しています。
急性期後は、他医療機関と連携し、リハビリがスムーズに進むように取り組んでいます。

6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 53 1.36 2.13 1.89% 68.30  
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 25 4.64 23.36 4.00% 63.60  
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 22 4.73 18.82 4.55% 67.32  
K654 内視鏡的消化管止血術 19 2.11 20.21 0.00% 75.16  
K9211イ 造血幹細胞採取(骨髄採取)(同種移植)  
大腸の良性腫瘍に対するポリープ・粘膜切除術が多くなっています。
次に化学療法の患者さんに対してのカテーテル設置、透析を行う患者さんに対してのシャント設置術、出血性胃潰瘍に対する内視鏡的消化管止血術となっています。
内科では、内視鏡による手術や骨髄移植等も行っています。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 47 4.30 7.06 2.13% 68.98  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 32 0.00 14.19 6.25% 67.03  
K597-2 ペースメーカー交換術 18 0.94 6.67 5.56% 77.33  
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 14 2.50 11.50 0.00% 79.43  
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 14 3.79 2.07 0.00% 63.86  
狭心症、心筋梗塞に対する冠動脈ステント留置術が多くなっています。
次に房室ブロック等の不整脈に対するペースメーカー移植術やペースメーカー交換術、心筋焼灼術となっています。
術前、術後の入院日数が短い症例が多く見られます。

小児科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの 17 0.00 1.76 0.00% 0.94  
K300 鼓膜切開術  
K805 膀胱瘻造設術  
K5761 心室中隔欠損閉鎖術 単独のもの  
K384-2 深頸部膿瘍切開術  
腸重積に対する腸重積症整復術(非観血的)が一番多くなっています。
次に急性中耳炎に対する鼓膜切開術、尿路感染症に対する膀胱瘻造設術、心室中隔欠損症の閉鎖術、リンパ節炎に対する膿瘍切開術となっています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 80 1.35 3.95 1.25% 59.33  
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 73 1.84 9.19 5.48% 60.71  
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 49 2.96 10.39 6.12% 70.86  
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 39 1.95 16.08 2.56% 63.82  
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 26 2.38 8.50 0.00% 72.35  
乳がんに対する乳腺悪性腫瘍手術(部分切除術)が一番多くなっています。
また、肺がんに対する胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術も多く行っています。
各部位のがんに対する手術を多く行っています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0821 人工関節置換術(股、膝) 80 3.55 22.09 47.50% 69.78  
K0461 骨折観血的手術(上腕、大腿) 68 2.72 21.57 66.18% 73.49  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 46 5.35 17.70 82.61% 77.80  
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕、下腿) 41 1.37 4.15 2.44% 38.34  
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 38 2.18 33.47 42.11% 54.89  
股関節症や膝関節症に対する人工関節置換術が一番多くなっています。
次に、上腕骨骨折や大腿骨骨折等に対する骨折観血的手術、大腿骨頚部骨折に対する人工骨頭挿入術、前腕骨骨折や下腿骨骨折に対する手術となっています。
整形外科では外傷の緊急手術が多く見られます。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 15 0.40 10.27 40.00% 78.73  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所  
K1781 脳血管内手術 1箇所  
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの  
慢性硬膜下血腫に対する硬膜下血腫穿孔洗浄術が一番多くなっています。
次に脳動脈瘤に対する脳動脈瘤頸部クリッピング術、くも膜下出血に対する脳血管内手術、脳出血に対する血腫除去術、脳腫瘍に対する頭蓋内腫瘍摘出術となっています。

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K5603ニ 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術 その他のもの 28 4.36 30.07 42.86% 69.93  
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの) 2吻合以上のもの 23 2.87 32.78 60.87% 68.91  
K5612 ステントグラフト内挿術 腹部大動脈 19 0.95 9.84 15.79% 79.11  
K5551 弁置換術 1弁のもの 16 4.94 17.63 43.75% 75.75  
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの) 16 5.81 19.31 25.00% 68.81  
大動脈瘤に対する大動脈瘤切除術が一番多くなっています。
次に、狭心症や心筋梗塞に対するバイパス移植術、腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術、大動脈弁狭窄や閉鎖不全症に対する弁置換術となっています。
心臓や大血管の手術を多く行っています。

小児外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 124 1.09 1.02 0.00% 3.23  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 20 0.35 4.05 0.00% 11.10  
K836 停留精巣固定術 13 1.00 1.00 0.00% 1.69  
K6333 ヘルニア手術 臍ヘルニア 11 1.00 1.00 0.00% 3.00  
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの  
鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術が一番多くなっています。
次に、急性虫垂炎に対する腹腔鏡下虫垂切除術、停留精巣に対する固定術、臍ヘルニアに対するヘルニア手術となっています。
鼠径ヘルニアや虫垂炎に対しては腹腔鏡下での手術を多く行っています。

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K867-4 子宮頸部異形成上皮又は上皮内癌レーザー照射治療 128 0.00 1.00 0.00% 33.59  
K879 子宮悪性腫瘍手術 67 2.39 12.72 0.00% 57.52  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 65 1.00 3.48 0.00% 44.46  
K877 子宮全摘術 57 1.61 7.68 1.75% 48.91  
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 開腹によるもの 36 1.86 7.50 2.78% 44.33  
子宮頸部異形成に対するレーザー照射治療や子宮頸部(膣部)切除術が一番多くなっています。
次に子宮体がんに対する子宮悪性腫瘍手術、子宮筋腫に対する子宮全摘術、卵巣の良性腫瘍に対する摘出術となっています。
子宮頸部異型成の治療は短い入院期間となっています。婦人科のがんに対する手術も多く行っています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 129 1.43 3.29 3.10% 71.98  
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 18 3.11 7.39 0.00% 65.61  
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの)  
K2822 水晶体再建術 眼内レンズを挿入しない場合  
K2681 緑内障手術 虹彩切除術  
白内障に対する水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)が一番多くなっています。
次に糖尿病性網膜症や硝子体出血に対する硝子体茎顕微鏡下離断術、翼状片に対する手術、緑内障に対する虹彩切除術となっています。
白内障の手術は高齢の患者さんが多く見られます。

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 127 1.46 6.09 0.00% 20.25  
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 22 1.50 3.82 0.00% 54.91  
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術II型(副鼻腔単洞手術) 20 1.50 3.55 0.00% 56.20  
K318 鼓膜形成手術 20 1.20 1.15 0.00% 33.60  
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの 16 2.44 3.19 0.00% 62.56  
扁桃炎や扁桃肥大に対する口蓋扁桃手術(摘出)が一番多くなっています。
次に慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術、化膿性中耳炎に対する鼓膜形成手術、喉頭腫瘍に対する喉頭腫瘍摘出術となっています。
口蓋扁桃手術の平均年齢は20.25歳です。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 93 3.53 5.80 1.08% 76.13  
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 43 2.23 4.44 4.65% 67.72  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 38 0.50 10.79 5.26% 70.95  
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 13 2.54 10.62 0.00% 66.85  
K772-2 腹腔鏡下腎摘出術 11 2.64 11.91 0.00% 65.00  
膀胱がんに対する膀胱悪性腫瘍手術が一番多くなっています。
次に腎結石や尿管結石に対する結石除去術(レーザーによるもの)、腎盂腎炎に対する尿管ステント留置術、腎がんに対する腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術となっています。
どの症例においても平均年齢は65歳以上となっており、高齢の患者さんが多く見られます。

7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 10 0.11%
180010 敗血症 同一 34 0.37%
異なる 17 0.19%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 47 0.51%
異なる
播種性血管内凝固症候群は主傷病の合併症のため、最も投入した傷病とは異なることが多いです。
敗血症は重篤な感染状態にあるため、同一となることが多いです。
手術・処置等の合併症については、術後の出血や感染、膿瘍形成、シャント等の閉塞、人工関節の脱臼等があります。

更新履歴

-
-
このページの先頭へ